FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「次世紀の陸上自衛隊」 森野軍事研究所編

元陸自高級軍人たちの手による日本の陸戦を考察した1冊。
1996年出版で全体的に戦術寄りの話が多く、俺には豚に真珠の感。
 
・序章 アプローチと戦略要因の変化
・第1章 新しいパラダイム
冷戦終結で変わった要因と変わらなかった要因の考察。
この時期今以上に財政難で苦しんでいたロシアへのルサンチマンが抜けきれずあちこちから滲み出ているのは陸自の職業病というべきか?
 
・第2章 近接戦闘
近未来戦における歩兵と戦車の地位など。
近距離無効化域が存在せず、瞬間交戦戦に優れるという点が戦車を無用にしないという指摘はさすが本職。
 
・第3章 遠距離火力戦
ハイテク化が進む中での砲兵戦のありかたなど。
 
・第4章 対空戦闘
多用化する経空脅威や戦術レベルでの対空戦闘分析、新統合防空システム導入の提言など。
 
・第5章 作戦情報
・第6章 指揮
情報入手・伝達とハイテク化など。
 
・第7章 戦略機動
自衛隊の輸送力不足への指摘と必要な物資の検討など。
具体的数字を出しての需要概算は貴重。
 
・第8章 作戦部隊のデザイン
大隊がなく中隊-連隊という独特の構成になっている陸自編成の解説と提言。
 
・第9章 作戦環境整備への若干の考察
有事法の推進と統合作戦の重視など。章題通り短い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/83-323b8679
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。