FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V.I.シリーズ「カスケードレインジ」

コトブキヤのアーマードコアプラモデルシリーズ第三弾。
「ラストレイヴン」OP機であります。ハンドレールガン詐欺でジナイーダルートEDにまで到達したユーザーにはとても印象に残るのではないかと思われる機体。……こん畜生。

vi.jpg

vi-2.jpg


これで完全無加工無塗装の純粋素組みです。細かいノズルやモールドまできめ細かく再現されている恐ろしいクオリティですが、その分作業量も恐ろしいことに。
HGより頭ひとつ分大きい程度のサイズキットであるにもかかわらず腕くみ上げるのに一時間を要しました。パーツ細かいんだよ!俺は面倒が嫌いなんだ!
胴体なんて2時間だったか3時間だったか。途中で嫌になってブン投げようかとも……まさに「いつまで面倒をかける気だ」と。


vi-3.jpg

背面図。
ACって背中から見ているほうが落ち着くんですよね。正面から眺めるのになんとなく違和感を覚えるのは俺だけではあるまい。
細かくフレームとかクランクとかノズルが覗いている、再現度の実に高い姿です。
でもこの細かい部分全部個別パーツ分けされているので組むとき泣けてきます。中央の銀色のノズル4つ、部品小さくて組む時落っことしてしまい部屋を探すために組み立てが何度中断させられたかわからん。
当分メタリックシルバー見たくねえよってくらい苦労しました。


vi-5.jpg

横から肩を眺めた図。胴体や大腿部の細かい仕分けも見所。
肩アーマー中央に穴が開いていますが、これはエクステンションパーツはめ込み口。かっこつけて言うとハードポイント。
別売りの武器セットに付属する連動ミサイルとかを装備することができます。

vi-4.jpg

その連動ミサイルを装備した姿。ちゃんとムリなく装備できます。

稼動範囲も結構広いのですが部品の保持力が悪いのであまり派手なポージングはさせづらいのがネックといえばネック。
ハンドレールガンの握り手は何回脱落したかわからんし、腰もよく抜けます。
まあ接着しちゃえば何の問題もないんですが。付け替え前提キットなので握り手は最初から複数がキットについてきますし。

しかしコトブキヤキットなので軸が太すぎてうまく入らないとか、説明書では凹凸があるはずなのに部品見るとまったいらになっているとかそういう面倒が頻発。
軸はヤスリで削ればいいし、他に接着剤とか使ったりで別にこちらで補正をかけてやればそれでなんとでもなりますが、その意味でも実に面倒をかけさせるキットです。完成品のクオリティは高いのですがちょっと覚悟がいるかもしれないキット。
スポンサーサイト

コメント

ハンドレールop「最大出力で撃ったらあれだけ威力出るから(震え声)」
ハンドレールゲーム内「『”超貯め撃ち機能”とかいう独自仕様は規格として猥雑・不適当だから』とパーツ市場に流通させる条件でオミットされた(半ギレ)」

詳細なレビュー乙です。胴体2時間お疲れ様過ぎるww
それに見合った男前ぶり、すかねぇ・・ ウホッ☆いい男・・・

  • 2014/07/15(火) 18:03:23 |
  • URL |
  • オジー #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/665-e9467473
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。