FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HGガンダムTR-1 ヘイズル改

ついにAOZにまで手を出したぜ。
そんなすごい箱組みデザインが特徴のヘイズルTR-1改。
いつになく画像だらけになったので下をどうぞ。
tr-1.jpg


AOZに詳しくないのでよくわかりませんが、元々はジム・クゥエルに「ガンダムヘッドが与えるジオン軍への精神的影響」を調べるためガンダム頭載せただけだったのがNT-1→ジムキャノンⅡの経緯を経て来たフルアーマーパーツをくっつけてみたり、ブースター内蔵型シールドを新たに用意してみたり、戦闘で壊れたのを予備パーツで修理してみたりしているうちにやがてこんなんになったんだとか。
どう見てもガンダムですが一応ジムらしい。
「頭だけジムでボディはガンダム」のブルーディスティニー1号機と真逆のパターン。

tr-1head.jpg

ヘイズル頭・アンテナ無し。
なんとなくディープフォビドゥンっぽい。

tr-1head2.jpg

アンテナ付。普通のガンダム頭に。まあ額部分のでっばり具合はなんとなくガンダムよりヒュッケバインシリーズに近い気がするけど。え、ヒュッケがまず偽ガンダムだろって?

tr-1leg.jpg

tr-1leg2.jpg

ヘイズル脚。すごい箱っぷりです。
白いカラーとあいまってなんとなくパソコンデスク思い出しました。


こんなすごい箱組みメカですが、間接は二重間接化されていたりするので稼動範囲は何気に広いのもポイント。
tr-1b.jpg

こんなふうにビームライフル(次世代機用の試験仕様、取り回し重視のショートバレルタイプ。いうまでもないですがこれガンダムmk-Ⅱ用ビームライフルですな)を構えることも可能。

tr-1c.jpg

肩の引き込み関節もあり、ハイディティールな手首パーツも付属するとあって正面でフォアグリップ握るポーズもラクに再現可能。

背中の可動式バックパックには上の写真のようにシールド・ブースターつけることも可能。バックパックと両腕にシールド・ブースターを合計3枚装備するのが通称「TR-1改最終形態」になるんだそうで。残念ながらこいつにはシールドブースター一枚しか入ってません。あとは通常のジムカスタム・ジムクゥエル用シールドのみ。

tr-1-sb.jpg

シールド・ブースター装着時を後ろから見る。
大腿部スラスター・可動式バックパック・シールドブースターで推進力強化。

これにHGアドバンスト・ヘイズルに付属するシールド・ブースター×2を装備すると最終形態再現ができるらしい。
手元にありますがまだフタもあけてないので当分お預けです。レイズナー完成させてR-GUNパワードも組まねばなりません。そしてマスターグレードEx-sも待っている。嗚呼。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/661-e66d474c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。