FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポパイ・ザ・セイラー(水兵)

 缶詰に入ったホウレン草を食べてパワーアップ、敵役のブルートを殴り飛ばして恋人のオリーブを救出するアメリカンコミック・ヒーロー、ポパイ。彼は戦前生まれなので最近の子供が知っているかどうかは不明ですが、昔はよく再放送されていました。野菜嫌いのチビっ子たちにホウレン草を食べさせるため、ママさんたちに重宝されたものです。ちなみにこのアニメに登場した犬モドキの生物、ジープはアメリカが第二次世界大戦中に開発...
ポパイ・ザ・セイラー(水兵)



アメリカが戦時中に作った実写のプロバ映画を講義で見たことがあるのですが、日本海軍の艦隊を攻撃するシーンが出てきて司令官写るんだけど、それが白い髭もじゃの妙なじいさんで何だこれは?と思っていたら「この時代のこの国に日本人俳優なんかいるわけないので、在米中国人の代役です」と教授が解説。そういうことね。
「日本海軍の艦隊旗艦」が写るシーンで「長門」が写るのはご愛嬌です。それも誘導煙突時代の「長門」。製作42年だか43年だかのシロモノなのでそうなったらしい。ちなみにまだモノクロでした。

日本製品というのは戦後の高度経済成長期くらいになるまで安かろう悪かろうの代名詞でありまして、世界恐慌期にダンピング認定食らったのも薄利多売型産業だったのが原因のひとつでありました。つまり単価を数で補おうとしたら余計値段下がるわ不当輸出認定食らうわの踏んだり蹴ったり。自転車が自国で生産できない(チェーン用帯鋼材とか輸入品頼み)程度の技術力しかない国の悲しさよ。

戦後になって時代も下ってもまだまだそんな時代は続きました。
「バック・トゥ・ザ・フューチャーⅢ」で壊れたデロリアンの部品を手にとって「壊れ易いはずだ、日本製と書いてある」と思わずぼやくドク(1955年在住)。
それを聞いたマーティ(1985年在住)が答えて「何言ってんの、ドク。いいものはみんな日本製だよ」。
鳩が豆鉄砲食ったような顔で「信じられん」とドクが独りごちる、というやりとりなんかがそんな時代背景を端的に表しております。

この1980年代末期~1990年代初頭に作られたエンタメ作品というのはむやみやたらと日本がインフレしてます。
「ゴジラvsキングギドラ」では日本は経済成長を遂げまくって世界の不況に喘ぐ国を買収、超一極体制を作り上げたために未来人が日本を壊滅させるべくキングギドラ連れてきますし、「トップをねらえ」では第二次太平洋戦争が起こって日本が勝ってしまい紆余曲折を経た後日本が地球統一。今から見たら信じられん空気です。トップ世界じゃ通貨はドルと円を足して生まれた「ドレン」。¥と$足して二で割ったような記号で書きます。

逆に「失われた10年」の間に作られたものは日本/日本を含む大規模地域に大災害が起きてエライことになっているのがデフォルト。例えばセカンドインパクトとか。
他にパッと思いつく限りでは「ラーゼフォン」でMU襲来により世界の人口の三分の一が死亡とか、「蒼穹のファフナー」のフェストゥム到来でとりあえず全地球規模で色々ヤクい(説明が長くてめんどいので省略)ことになってたりとか、あとは「アルジェントソーマ」でも第一次遭遇戦と呼ばれるエイリアンの出現(実際には宇宙飛行士ユーリ・レオノフの帰還)とか、「無限のリヴァイアス」のゲドゥルトフェノメーンで南半球全滅とか。

……全部エヴァフォロワー系アニメじゃねーか。
どうでもいいけどゲドゥルトフェノメーンって単語を思い出そうとするとシュペルトゲペールとかマイダスメッサーとか似てるようで無関係な単語が脳裏を乱舞して困る。
あの南半球壊滅設定のおかげでスパロボに出づらくなってるんだよなー。とりあえずオーストラリア・トリントンから始まる0083は競演不可だし。っていうかジャブローが地球連邦軍本部な次点でガンダムと競演できねえし。
ま、リヴァイアスがスパロボに出られないのはそれよりも「閉鎖空間が舞台」という作品の根本的性質によるところが大きいと思われますが。


「BTTF」の話で思い出しましたが、「Ⅰ」で未来からやってきたと称するマーティーに「ウソつけ、じゃあお前がいた時代のアメリカ大統領は誰だよ」と聞いたら「ロナルド・レーガン」って答えが返ってきて「あの三流役者がかよてめーテキトー抜かしてんじゃねーぞナメてんなこのガキャー」的回答をよこすドク、というシーンはレーガン大統領の前歴知ってると妙に笑えます。
マイクテストで普通なら「本日は晴天なり」とか言うところで「五分後にソ連を爆撃する」と言ったばっかりに危うく核戦争巻き起こしかけたとか、しょうもない逸話が多い大統領です。いや笑い話で済んでよかったよマジで。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/657-77aa706e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。