FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「機動戦士ガンダムSEED-DESTINY ASTRAY上巻 真実を求める者」千葉智宏

電撃ホビージャパン版デストレイ上巻。

劾のブルーフレームセカンドLに止めを刺しかけたジンアサルトのグレネードランチャーってあんなところに収納されてたんだ。
胸部増加装甲が開いて90度回転、正面を向くとランチャーの砲口が……ってまた凝ったギミックだよなあ。
他にもイライジャ専用ザクの詳細な機体設定とか面白い。スラスターの展開ギミックがまたいいな。

 本編の補完つーことで本編では棒立ちの的だったりした量産機や、出番のなかったMSVとかがじゃんじゃんバリバリ出てきて、量産機好きには嬉しいところ。とくにストライカーパックを使ったダガーLがあちこちで活躍しているのはダガーLが量産機のなかで最高にかっこいい2大機体のうちの1つだと信じている俺にとってとっても嬉しい。
上級量産機という設定を忠実に表した、自己主張しすぎないで量産機の枠を超えない程度に直線主体の力強いラインで描かれたデザインがたまらん。

ただそれだけに「戦闘しない」アウトフレームはやや印象が薄くなりがち。
デザインはなかなかかっこいいし面白いギミック満載なのに。
バックホーム切り離して装着したエールストライカーパックでソードダガーLから逃げるときのジェスの台詞、
 「空を飛びながら、オレは突然の事態に混乱しながらも、『あとでバック・ホームを拾いに戻らないと……』と考えていた。
  あれを破壊されると、風呂に入れなくなる」
はめっちゃ笑った。最後の一行がシュールだ。

巻末は戸田の書き下ろし漫画。ひょっこりとクレイ・アッシュが顔を出していたり。相変わらずどいつもこいつも濃くなってます。
しかしやっぱりアストレイには戸田も描いて欲しいなぁ。
旧アストレイは話の基礎を作り、メカを綺麗に描くときた+はっちゃけキャラでネタに事欠かない戸田という組み合わせが良かったんだと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/588-46e6ff56
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。