FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンソード 11・12話

●11話「さよならのありか」
 谷口アニメでは基本的に話が動き出すのは1クール目終了前後というのが定番なわけでして。
 リヴァイアスでは12話でリヴァイアス乗組員がテロリスト指定を受け、13話で昴治とあおいが事故でファーストキス、次いで14話で青のインプルス襲来で初のヴァイア艦との戦闘。
 スクライドでは12話で君島が死に、13話で真なる絶影vsシェルブリッドver.2で再隆起現象。

 ガンソードでも同じ構成で、ここまでの話でエンドレスイリュージョンの世界観やヴァンやウェンディのキャラなんかを見せつつ本筋の進行は抑えていたわけですがここにきて急加速、盛り上げてきます。
ついに兄・ミハエルと巡りあうウェンディ。しかし兄は誘拐犯であるカギ爪の男を同志と呼び、すっかり彼の信者に。妹に「もうお前とは会わない」と宣言、故郷のエバーグリーンに帰れと冷たくあしらう。
落ち込んでヴァンのもとで戻ってきてみれば「なんでカギ爪のことを何も聞き出さなかったんだ!」とブチ切れ、剣まで突きつけようとしてカルメンに止められる。このいざこざが元で一行は空中分解。

 ヴァンの側でも一度に勢揃いしたカギ爪幹部と遭遇するイベントが起こり、OPのシルエットが一気に開く。ついにボスを残して敵側キャラが一斉に姿を見せる12話OPはいやがおうにも気分を盛り上げてきます。

 ・落ち込むウェンディに「ハラでも減ってんのか、なんか買ってくるか?」と妙に優しげな様子を見せたと思いきや、兄と会ってきたと聞かされた途端なぜ何も聞き出さなかったのかとブチ切れちゃって抜刀までしようとするヴァン。大人げねぇ……
公衆の面前で年端もいかない子供を大声で怒鳴りつけたあげくに剣まで突きつけようとするヴァンの格好悪いこと。

 ・「追いかけてきた相手に帰れと言われたら誰だって動転する」
  この台詞を口にしてウェンディを庇うのがジョシュアである点がポイントか。
  
  ・まだ子供なんだから、とまたしてもウェンディを子供扱いするカルメン、それに目線は動かすけど言い返す気力がないウェンディ。
   お前に何が分かる!となおも問い詰め、カルメンとも喧嘩別れするヴァン。
ゾネットのジャンクションとオーバーラップしつつ、ヴァンたちのすれ違いが描かれるこのシーンは印象的。

  ・前回ヴァンたちが引き上げた遺跡を「棺」と呼ぶガドヴェド。
   (ヴァン一行はそれと知らずにカギ爪の手伝いをしていたということに)
   「Saudade of Sunday」という文字、開いた箱の内側はダンが射出される衛星の内装と一緒。そういや射出の時の表示は「エクスキュージョン(処刑)」。何か意味があるんだろうか……と思っていると次回で明らかに。

  ・5話で双子の研究をしている「カロッサプロジェクト」という名前が出てきましたが、ここでズバリカロッサ(&メリッサ)という名前の双子が登場。そういえば8話でジョシュアが「あのロボが街の外をうろつくようになったのと同じ頃、双子を連れたカギ爪の腕の男がこの町にやってきた」と言っていましたがその双子ってこの2人か?

  ・適当に見ていても楽しめるけど、よく見るときちんと伏線が繋がっているのが分かるあたり上手いなぁ。
 
 
●12話「帰らざる日々…」
 ・ブチ切れた顔で町を歩くヴァン。完全に頭に血が登っちゃって向こう岸に。
 
 ・長々とガドヴェドさんが説明台詞を入れてくれることでエンドレスイリュージョンの背景、ヨロイ、オリジナル7といった重要事項が明らかに。ほんとに凄い説明台詞ですが解説しないよりはいいか。

 ・「俺はエレナをこの手で埋めたんだ……!」
  尋常でない様子のヴァンが怖い。

 ・ネット上でエロいエロいと大好評のファサリナさん、ついに大っぴらに画面に登場。実際エロいです。眠そうな目でおっとりと話す気のいいお姉さん。
でもカルメンに武器(棍)を突き付けるシーンは普通に達人の仕草だ。
 
 ・ヴァンの刀といいファサリナさんの棍といいガドヴェドの斧といい、バチッという電気の音がしてクシャクシャの紙が広がるように伸びるのはオリジナル7共通の仕様なのか?

 ・ついにカギ爪さん登場。引っ張って引っ張り抜いたわりに普通のじいさんです。いや、直前のシーンで実際ガドヴェドが普通の人間だと言ってたわけだけど。でもホントに普通の好々爺にしか見えん。

 ・ダン以外のオリジナル7もついに登場。
  「ウェイクアップ」はダン専用台詞かと思っていたら「ウェイクアップ・ディアブロ」。オリジナルは全部「ウェイクアップ」なのか?
  ディアブロの外見に似つかわしく、ドスンと男らしくあぐらをかいて座り込む操縦ポーズがかっこよい。
 
 ・ラストのレイ兄さんのものすごい邪悪な笑顔がとっても印象的(笑
ゆっくりとあの日本刀型マシンピストルの鍔を回して、ニタリ(としか言いようが無いよな、あの顔)と笑いながら銃声が響いてヒキ。ここで切るのかよ!気になるよ!
  
  ・どうでもいいですが、このカギ爪の男がカギ爪装着するシーン、ジョシュアだけ気づかないで無反応というギャグにされるかと思いましたがちゃんと気づいて驚いてるのを見て安心。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ところで放送終了まで待つつもりだったのですが、品切れになりかけてるっぽいので急遽ガンソードファンブック買いました。
手元にあるとつい読んでしまうなあ……

 伏線とか裏設定の解説があるわけですが、ブッチ(5話でエルドラⅤと戦った岩田光央声の人)がカギ爪から依頼されてGE-R流体の研究をしていたとかびっくりです。3話もう一度見てみたら奴のヨロイが爆散する瞬間、確かにダンのコクピットとかで見られる蒼い光が出てるなぁ。
 
 ただ「非オリジナル機は歩けない」って書いてあるのに5話のヴォルケインは明らかに歩いてるYOという点は明らかに矛盾してるな。
エルドラⅤは解説文通り、ちゃんと歩いてない(よく見るとローラーダッシュしかしてない)のに。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/569-42c7ce37
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。