FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の韓国情勢を見てひとこと

戦後日本には吉田茂がいた。

戦後ドイツにはアデナウアーがいた。

しかし、戦後韓国には誰もいなかった。
スポンサーサイト

コメント

いやいや、忘れてもらっちゃ困ります

偉大なる朴正煕大統領がいらっしゃったじゃありませんか。彼いなくば今の経済大国・韓国はありえなかった。

  • 2005/04/01(金) 00:30:47 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

んー、日本では吉田後も吉田路線は完全に定着したし、
ドイツでもアデナウアー後にも基本的路線は定着しましたよね。
韓国ではそういうものがない、という意味で吉田やアデナウアーは
かの国にはいなかった、と。
…やっぱダメ?

  • 2005/04/01(金) 16:57:39 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

なるほど、そう考えると確かに

 朴路線が登場したのは60年代に入ってからだし、結局は盧泰愚(金泳三?)政権までしか続かなかった。保革逆転が生じてからは完全に外交路線が入れ替わってしまいましたからね。でもまあ、近年の展開を横に置いとく分には30年間持ったのは相対的に成功だったと言えるんではないでしょうか。

  • 2005/04/01(金) 22:48:39 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

あまりそのあたりまで掘り下げられるとコメントできない(苦笑
東方外交と太陽政策は似ているようでまったく別物だってことが理解できるくらいで。

  • 2005/04/03(日) 19:36:55 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/56-08dd5f01

北東アジアのバランサーを自称し始めた韓国

 以前の記事で韓国の対外政策は理解しがたいという感想を述べたが、ここに来て盧武鉉外交がどのような発想に基づいているのかが窺える記事を見付けたので(かなり長い引用になるが)少し検討してみたい。2005.04.05 盧武鉉外交 日米韓同盟離脱を志向? (産経新聞) 盧大統

  • 2005/04/06(水) 17:45:50 |
  • ~An Overaged Undergraduate in Monologue~

右の耳が痒いから

マックス・ヴェーバー(1864-1920)の有名な1915年の書「主要宗教の経済倫理」の「儒教」の章がネットで拾えた。西洋の宗教を比較対照とするので理解しやすい。現在のように、宗教の存在意義が問われ、原理主義者たちの戦いが世界で繰り広げられ、EU内では遺伝子工学を初め

  • 2005/04/24(日) 19:28:04 |
  • Wein, Weib und Gesang
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。