FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

蒼穹のファフナー 17・18話

●17話
 ・ちゃんと一騎くんと話をして!と真矢に懇願されたときはその気がないような態度をしておいて、しっかり懲罰房入りの一騎に会いに行って話をする総士。
  どすんと腰を下ろして、「さあ話すぞ」とか「そんなことはない。僕の部屋からおよそ11歩のところに自販機がある。極めて便利だ」とかいい意味で笑いましたよ。なんかもう右手と右足が同時に出そうな勢い。

 ・一騎もここ(独房)から出るかと聞かれて「父さんにここにいろって言われたから、ここにいる」と答えたり、きちんと総士におやすみと言って別れたりで人間同士の絆を感じる。
  真壁親子は碇親子と違って、会話しないだけで別に親子仲が悪いわけじゃないしなあ。
  司令の淡々と食事を続けながら一騎を諭すシーンとか、ファフナーの大人はちゃんとまっとうな人間だ。

 ・脚本変わって急に説明台詞が増えた気がする。心情わかりやすくなったからいいけど。
  よく言われることだが、沖方(にすいの「沖」って変換できねえ)になって良くなったというのは確かに実感できる。

 ・カノンを説得しようとする一騎。「話をしよう」「何の話だ」でしどろもどろになっておいおい大丈夫かと思ったがちゃんとまっとうな説得になって安心。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
●18話
 ・そしてその直後学校に転入してくるのは何のコメディ話が始まるのかと思って吹いた。

●なんとなく某ウルズ7を彷彿とさせるなあ、あのカノン。

●ジークフリードシステムのフラッシュバックに耐える総士や、海水浴で勝負する咲良・一騎・総士、バレーボールを楽しむ剣司・衛と乙姫とここにきて急にわかりやすいファフナーパイロット間の掘り下げ話とか始まって、あー脚本家変わったから話のスタイルも変わったんだなあと改めて思った。

●あの余暇を楽しむ皆のシーンいいなあ。咲良も一騎が嫌いだとか苦手だとかいうわけじゃないことがわかって、こいつら仲いいんだなと今更ながらに思った。
ひょいと顔を出して恥ずかしがるカノンなんてあざといなあと思いながらニヤニヤしてましたよもう。

●弓子の裁判で全員ぞこぞこ出てきて、
 
 衛「メカいじってたらデータ変えちゃいました」
 剣司「戦いたくないから自分の適性下げようと思ったら遠見の適正下げちゃってました」
 咲良「先陣切りたいからデータいじってたら遠見のが下がってました」
 総士「高度な戦術的判断で遠見は戦闘に出さないほうがいいと思ったので」
 
と思い思いの理由で裁判グダグダにしちゃう皆も、殺伐とした話の中で改めてつながりを感じた。
特に出てきたはいいが言い訳が思いつかなくて、「ちゃんと理由くらい考えてこい……」と司令を脱力させる一騎いいな(笑

●そして空気の読めないミツヒロ。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/554-81cf33d2