FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シャンク!ザ・ロードストーリー vol.1古木の森/vol.2 百年かけた願い事」 秋田禎信

 なんでか知らんが絵師が変わってリニューアル。なぜ好きしょの絵師になったのかが謎というか依澄れいの時点で秋田とはかなりのミスマッチだろうにさらに不釣合いに。
……まあそれはともかく、
 
 「怪物の木など、いなかったことにする。動物がそれを忘れている限りは。動物はそれを忘れることなきよう」

 さてこれは忘れていいのか覚えていればいいのかどっちよ?という言葉遊びはいかにも秋田特有のそれだよな。
 「無限の可能性を謳いながら、死だけは超えられない。それを超えて無限の可能性を具現化するのが不死秘法」という話を「不死になったら魔法はイモータルに干渉できないことになる。つまり、可能性は無限でなくなり限界が一つ増える。不死秘法が完成するたびに魔法は可能性を減らしてゆく」とひっくり返すのは特に秋田らしい言葉遊びというか、アイルマンカー結界を外す時の話に似ているなと思ったり。

●台詞回しも
 
 「地面に降りるためには……こういうときは似ているものから連想しよう。浮かぶものといえば気球。気球は浮かぶためにバラストを棄てる。逆といえば……バラストに棄てられればいいのか」

この台詞が地味にめっちゃ受けた。メカマシーン男爵とかザ・ドリルガッツ、土精招来はじめちょろちょろなかぱっぱも大概だが。土の精霊呼ぶのってそんな召喚呪文でいいのか。

●メインヒロイン・黒猫
そして語らずにはおけないブリアン(シンシアルータ)。いや、ほんと秋田にこんなまっとうな萌えっ子が書ける日が来るなんて思いもしなかった。

 秋田世界だと魔術・魔法と言うのは便利さとリスクはそのまま正比例するもので、今回の魔女もそれこそ本当に何でもできるが、その分自分のため・魔法のため以外に魔術を使ってはならず、ましてや他人を益するようなことは決してやってはいけないことで内心においてただ単に他人を気にかけるだけでも重傷を負うという凄い極端なバランス。
そこをあえて「手ごまとして使うからだ」と言い訳し、死にかけたシャンクを生き返らせてやったりするなんて可愛い気のある奴だブリアン。
ラストシーンとかもうね、萌え死ねる。いや秋田作品の感想としてこの言葉を使う日が来るなんて本当に思いも(ry
 思えばレイトストーリー2巻で置き去りにされて怒ってたのも要するに拗ねてたんだな。可愛い猫だことで。

●魔女について 
 「う、うーん……回転……大回転……うわぁん母上……洗濯物がかわいそうだよ……」
 「やあシャンク。洗濯物は……あれは回しちゃいけないんだ……」

全部読み終わってから見るとこのうわごとも何か意味があるような気がしてくる。魔女は洗濯物を回さないものらしい。

●ところでゴダートの剣は別に素直に斧にしたっていいと思うんだ、うん。

●ガンバンワロウンて……あれだよなあ。図書館に篭ってるっていうのも……
世界とはなんだ?と聞いた弟子はあのマグスなのか?

●しかし一巻だけ読んだときはこんなに面白くなるとは思わなかったもんだ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/534-2e04f663
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。