FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「島しょ防衛」など想定 日米指揮所演習始まる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060127-00000176-kyodo-soci

 陸上自衛隊と米陸軍、海兵隊による日米共同方面隊指揮所演習「ヤマサクラ」が27日、熊本市の陸自健軍駐屯地で始まった。来月3日まで。
 南西諸島有事を念頭に置く「島しょ防衛」の想定が初めて盛り込まれるほか、国民保護法に基づく住民避難計画作成の参考などにするため、自治体関係者が初めてオブザーバー参加する。
 日本側は陸自西部方面隊を中心に約4400人、米側は米本土の陸軍第1軍団や沖縄に駐留する海兵隊第3師団から計約1300人が参加。米本土と健軍駐屯地をコンピューターで結び、実際に部隊は動かさずに共同作戦時の指揮系統を確認する。
 演習の想定には、離島が武装勢力の侵攻を受けた場合の奪回作戦が盛り込まれるとみられる。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
 「ヤマサクラ」で南西諸島を舞台にした離党防衛戦を想定し、そこに地方自治体関係者が参加する……というのはなんとも時代の変遷を感じさせる。10年前だったら絶対に、と言っていいくらいありえない光景だったと思う。
 年を追うごとに「南西諸島が部隊の島嶼戦」がもはや出来の悪い仮想戦記と笑っていられなくなりつつある昨今、陸自も(苦しい台所事情ながらも)長年あまり接触を持って来なかった海兵隊との共同訓練に乗り出したりといよいよ本腰を入れ始めた感がある。
 
 またもう一方の地方自治体のほうも各県で法制の整備が進められるなど比較的積極的になり始めている。
ただ気になるのは国民の意識のほうで、有事のさいの対処措置というのは官民が協力して初めて上手くいく(WWⅡのイギリスがいい例)。
その意味ではまだ不安が残る、というのが筆者の個人的感想。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/445-f61d252b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。