FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「軍事研究」06年1月号

気になる記事は2つほど。

●「『防衛力の有り方検討会議』の『まとめ』と将来の自衛隊像」
 次期中期防と新防衛大綱の基礎になった「防衛力の有り方検討会議」(01年9月、中谷元防衛庁長官:当時の指示で設置)の「まとめ」(04年11月提出)について解説・論考を加えた記事。
この肝心の「まとめ」はウェブ上では公開されておらず、今年10月27日付の朝雲新聞の紙上に掲載されたとのこと。

陸自の装備縮小のパーセンテージ(pdfファイル)について解説されているが、ATMがマイナス88%というのは衝撃的数字と呼んでもいいのではなかろうか。
そこまで減らして本当に大丈夫なのか?

また海自では
「わが国周辺の東シナ海、日本海における海上交通の要衝や重要港湾、基地周辺の6正面に常時潜水艦を配備しうるよう、往復所要日数、作戦稼働率を考慮し16隻が必要」
「島嶼部への侵攻を阻止するため、また島嶼部が占領された場合には奪還部隊に対する敵水上艦艇および潜水艦の接近を阻止するため、主として列島線に沿って必要な潜水艦を配備しうるための所要として少なくとも16隻が必要」
と記されているとのこと。
桑原氏は
「よくもここまで突っ込んだ表現ができたものだと変に感心してしまう(本雑読者なら『まとめ』にある『事態』が何を指すのか、列島線を越えて事態を拡大させるほどの能力を持つ『敵』がどこの国をさすのか、すでに明白であろう)」
としているがこれについてはまったく同感。

●「陸上自衛隊のAH-64D」
 現中期防でのAH-64D取得数は7機(予定)で、前中期防でも6機のみ。
このペース(毎年1.625機)では60機を整備するのに40年を必要とするがこれは問題ではないか……という指摘が非常に気になる。
 F15MSIPといい、どうも自衛隊の新装備取得計画はなんともお先真っ暗な感がある。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/402-b722cb2c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。