FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国際安全保障 2004年6月号」

 国際安全保障学会の学会誌。
 「戦後日本の防衛と政治」の著者である佐道明広氏の記事を
見かけて購入。
さっそく氏の論文から読むことに。 
 
「新時代の自衛隊への転換とその課題」
 
 自衛隊の独力による着上陸侵攻対処を念頭に置いた防衛体制を
とってきた空・陸自と、米海軍との共同作戦を前提に着上陸
対処より海上交通路確保を主眼に置いていた海自という、防衛
政策の不統一性を指摘したくだりは非常に興味深い。
統幕はそれを調整統合することはしなかったし、またそのための
権限も能力与えられてはいなかったという先例は統合体制の実体化を
めざした先の自衛隊法改正案を見る上で大いに参考にすべき点と
言えるだろう。
 また限定侵攻からの本土防衛が根底にあり、海自の任務もそれに
従って沿岸防衛を主として規定されていた旧防衛大綱と米軍との
共同作戦によってSLOC確保をはかることを主任務とした
旧ガイドラインの間の矛盾の指摘も2プラス2で「ただ乗り」構造の
非対称型同盟から相互性のある同盟への発展を目指しつつ、防衛大綱の
2度目の改訂を迎える現在の情勢を考える時、ひとつの材料になる。
 
ほかの論文はまだ読んでないので、内容に触れる機会があれば後日に。
スポンサーサイト

コメント

自分も欲すぃ……

 『国際安全保障』、読みたいのにうちの大学の図書館は購読していないんですよね。購入申請を出したら「雑誌のリクエストは学生には認められていません」って撥ねられちゃったし。マイナーな学会誌だから公式のウェブサイトもないし今までの掲載論文一覧を調べることすらままならない。やっぱり自分で買うしかないんでしょうか。(でもどこで売っているのかも知らなかったり……鬱)

 もし面倒でなかったらTFさんの手元にある巻の掲載論文名を掲載してもらえると有り難いです……(´・ω・`)

  • 2005/03/17(木) 03:02:07 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

http://www.naigai-group.co.jp/index2.html

ここである程度のバックナンバーも含めて買うことができます。
防衛法関連の書籍が多いのもチェックポイントのひとつ。
手元にある巻の論文題名は別口で送りますね。

  • 2005/03/18(金) 12:15:10 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

国際安保学会のサイト

 どうやら半年ほど前に国際安全保障学会も自前のウェブサイトを開設したみたいです。2000年以降の学会誌の目録も見られます。

http://is-japan.org/

  • 2005/03/18(金) 18:07:12 |
  • URL |
  • だい #wbvimiA2
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/34-dd8de0ea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。