FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」 富野由悠季

クロスボーンと並んでGジェネFで一気に知名度が上がり、凄まじく黒い展開かますことで知られる作品。
 
●Ξガンダム&ペーネロペーの原作版、やっぱりこれは小説の1枚絵の中でこその絵だよなー。
つかGFFのカトキアレンジより前、GジェネFの時点ですでに(元のデザイナーの手で)変わってんだな。
 
●「ギギ・アンダルシアという少女を、ケネスが好感できるのは、ギギの存在の重さの部分で、情緒的な性質のものではない。理性で受けとめられながらも、直感的であって生理的なものではない、ということだ」
これを電撃なり富士見なりスニーカーなりの応募でよこしたら確実に一次選考で真っ先に落とされるだろうというくらいまったく日本語になってないんだが、なんとなく言わんとすることが漠然と分かるような分からんような気分にならんこともない。
つまり端的に表現するならば実にオーガニック的というやつである。
…富野を表現する時に便利でいいな、これ。話としても好きだがこの形容を発明してくれたという意味においてもブレンパワードは素晴らしいと言えよう。
   
●街の人々の「どうしてマフテイーはハンターをやらないんだ」「今朝の空襲だってキンバレー隊のほうが酷かったんだぜ?」という声に安心するが、連邦の軍人たちに会えば「所詮奴らはテロリストだ」「無関係の人間を300人以上も殺している」という厳しい現実を突き付けられてそのジレンマの重さ(これはこの作品全体を通して続く)に悩まされ、ギギに会ったばかりにケリアに冷たく当たって「こんな欲望から抜け出さないと俺は救われないぞ」と酷く自分を嫌悪し…とひたすら陰々鬱々としてる。
 キンバレー隊の虐殺を前に一瞬自分のやっていることの正当性の是非を忘れたり、「死臭をかいだあとにケリアのことで思い悩む」自分に唾棄したい気分になったりとハサの心情がやたらと生々しい。
鬱鬱言われる作品であり実際まったく鬱だが、この鬱さは浅井ラボや秋山瑞人のような「派手でエキセントリックな鋭い毒針」的鬱さではなく、「静かだが暗く重く淀んだ毒霧」的鬱さという感じだろうか。
最後の処刑ですら、「みんなうまくやれたんだ、僕だってちゃんとできるはずだ」と"悲しいくらいさわやかに"執行されていくあたりがその具体例だろうか。
 
●ちょっと書くのがはばかられるギギの暴言すげえ。

●最期を迎えても両親より先立つ不幸やアデレード爆撃で巻き込んだ民間人のこと、ケリアに会えなかったなetcと考えなければいなければならないことはほとんどすべてしっかり覚えているような男がなんでテロ屋なんぞになってしまったんだろう。
この「自分のやっていることは本当に正当性があるのか?」という苦悩は同じテロリストのガトーやキラにはというか、ガンダム世界の反権力派には見られない自覚(特にガトーは自分たちのコロニー落としで何人の民間人が巻き添えを食って死ぬのか?などということはまったく念頭に無かった)であり、それに思い悩むハサの姿が俺は好きなのだが。
 
●連邦のガチの腐敗ぶりはなんともはや。
テロ予告を受けておきながら陽動ひとつ受けただけで完徹するも嫌がる軍隊って。
実質最高責任者のケネスですらも心底うんざりさせられるのも本当にわかる。
 
●ケネスの最後の心情描写はあまりにも無惨。
友人を処刑するはめになって「実父のブライトにやらせるよりマシか…」と自分に言い聞かせつつ、遅れてやってきたブライトを前に本当に必死になって平穏を装い、ギギを鬼の形相で追い返してハサ処刑を穏便に済ませたと思ったら、うっかり自分が口を滑らせたばかりにマフティー=ハサを公表される。
もはや言葉を失い、深く深く沈んだ表情を浮かべるケネスの姿は……
 
●そして処刑シーンの短いハサとケネスのやりとりが泣ける。
俺の中では「鬱展開」「泣ける話」といえば閃ハサが文句なしの1位です。
スポンサーサイト



コメント

「閃光のハサウェイ」と言えば、「killer7」の須田剛一がゲーム化したいとか戯けたことを言ったとかなんとか。きっと主人公の末路が気に入ったんでしょう。しかし須田剛一がMSの登場するゲームをデザインできるとは思えないのだが。(とまあ微妙に君向けでない話題を振ってみる)

  • 2005/10/26(水) 23:37:01 |
  • URL |
  • 朝井隆 #-
  • [ 編集 ]

須田氏については知らんがしてくれるなら発売日に定価で買う。でももともとMSの数少ないし無理だろうなあ。
元々映像化しないって条件で書かれた小説らしいし。
ロボゲーを作れるのか?という以前にロボゲーに出来るのかという。
CCA-MSVから引っ張ってきたとしても全然足りんぞたぶん。

  • 2005/10/27(木) 20:25:43 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/304-e4b4f2b2