「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

ガンダム Gのレコンギスタ

スパロボX直前に駆け込みで予習。

・とにかく話がわかりにくい。2クールにしては情報量が多すぎる。
あとMSの登場数も多すぎてどれがどんな名前でどんな武器と機能がついてるのか覚えるのに苦労する。

・話はよくわからなかったけど、ベルリのいい意味で育ちの良さがにじみ出る奇妙な愛嬌と戦闘シーンがちゃんと毎回あるのとマスクの妙にわかりやすいコンプレックスで最後まで見られました。

・ベルリとマスクは「ベルリはクンタラを馬鹿にしてないってことは重要じゃなくて、マスクが馬鹿にされていると思ってしまうのが重要」って声がありましたが、実際「コンプレックス」そのものすぎて色々特殊な背景事情があるシャアとか鉄仮面に比べると非常に身近な悩みでわかりやすい。

・クンタラの設定がすごい。
実際に食われていたのはもう数世紀以上前で、白人黒人のように外見的になにか違いがあるわけでもないのに、今でもクンタラだったら無条件で馬鹿にしていいっていうスティグマだけが残っている。

・ベルリの母ちゃんが禿キャラの母親として特異点すぎるだろ!ほかはカミーユとかショウとか勇・ジョナサンだぞ。
「あっしまった!ベルの好きなシナモンのクッキーを忘れた!」のシーン一発でいい人って分かるのはさすがに伊達に年とってませんね禿。
なんかクリスマスに帰ってくるのを絶対に忘れなさそうなほうの母親だ。
それだけに最終決戦で突然流れ弾のビームで脈絡なく死なないかヒヤヒヤしながら見てました。
ちょうど直前に脈絡ないビームの流れ弾でアイーダさんの親父死んだばっかだし。

・クンパ大佐のテキトーな死に方すげえ。お前に「死に場」という見せ場などやるものかという強い意思を感じる。

・パーフェクトパックキチガイ性能にもほどがあるだろ!
フォトンサーチャー→トラクタービーム→フォトントルピードでエネルギー回収しながらタイマン確殺、対多戦ならフォトントルピード垂れ流しでオゲーイ、防御もコピペシールドとリフレクター(実体ミラーなし)でエネルギー吸収しつつカットして、演出の都合で黒煙として可視化されてるけど実際には見えないミノフスキー粒子散布下でも正確な索敵照準ができるフォトンサーチャーとかこれ一体何と戦うつもりで作ったの……

・Pセルフのガイトラッシュ惨殺、何気によく見ると動画枚数は全然ないのがすごい。揺らしたりスライドさせたり回転したりしてうまく動いてるように見えるけど実際には動いてないってこういうところのセンスはホントすげえよ禿。

・最終話のベルリの失恋一人旅行、「傷心の失恋旅行」って話だけは聞いていたのでもっと陰鬱でなんならエルガイムくらいの暗いテンションを想像してたので「うおー!ぼくはこれから世界を一周するぞ~!」というベルリのテンションに面食らった。
でもちゃんと軍を抜けたのは良かったと思う。アムロみたいにずるずる軍籍に入ってその後も縛られた人生送る羽目になったり、今の所その後の描写や情報はないけどどう考えても暗い軍人人生しか待ってないだろってウラキとかいるし。(ていうかウラキはもう俺連邦軍人やめる!くらいの目には合ったのによく戻ってきたよな)

・天才も噛ませにもならず無駄死にもせず最後まで彼女と一緒に死なずに生存して活躍して禿変わったなあって。
ただ最後大統領が私の息子も戦死して……って演説し始めたのを最初に聞いた時はあれっ天才いつの間にか死んだ?!ってめっちゃ焦りましたよ。

とりあえずPセルフの商品展開もっと!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2146-c0d7d44e