FC2ブログ

「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小池ムーブメントの選挙後あれこれ

まあ長島と細野よなんでそんなやつについていったんだ……というのが最大の落胆点ではある。
あるが、現状この二人を批判している連中と言うのはもともと自民党と彼ら民主/民進右派の区別がつけられず、「あんな奴らは第二自民党」「安倍政権補完勢力に過ぎない」と放言できる解像度の低い連中で、そいつらが「嫌いな奴らが弱みを見せたからそれ今だ叩け!」ってやってるだけにしか見えない。
というか「民主・民進右派なんて自民のバッタモンで何がしたいのかもわからない存在価値のなかった奴ら」とまで言われているのを見ると「もう細野長島は政界引退したほうがいいんとちゃう?お前らがいくら努力して良い質疑答弁をしても世間はまったく理解してくれないよ、心身すり減らすだけでまるで報われないばかりだよ」とさえ思う。
結局のところ「非自民の穏健右派」の需要があるほど日本政界は成熟していないのだろうか。

希望の未来は正直相当厳しいとは思うが、立憲民主党もどうなのか。
枝野自身についてはこの期に及んで不安がる要素も何もないが、秘密保護法へ掲げる公約が監査の独立性や権限強化ではなく単なる廃止になっているあたり、過敏に受け止めるならもう枝野が旧民進左派に引きずられて党としての左派純化は始まっていると受け取れなくもない。
ただでさえ安倍自民vs枝野立憲という構図では枝野はどうしても社共に近づく方向性でプロレスせざるを得ないし、事実そのような立憲民主の党首としての枝野の言動はすでに報じられている。
間違いなく(それこそ)第二社民・第二共産党化すると断じるほど確実な未来とは言わないが、「ないないwww」と安心して笑い飛ばせるほど絶対に有り得ない未来でもないのではないか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2141-b0f02bcf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。