「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南スーダン日報問題 雑感

現状、まだ特別防衛監査の結果がどう出るか、稲田防衛相の去就はどうなるか等はっきりしていないことが多く、総括的な論評を書くには早すぎるが、気になる点が2つ。

まずことは防衛省・自衛隊の公文書管理が杜撰という点から始まった話で、いかに稲田防衛相が防衛大臣としての適性や能力を欠く人物であるとしても稲田防衛相を辞任させれば解決する……という類の問題ではない事。

そしてもうひとつはこのニュース。


南スーダンPKO日報隠蔽問題 非公表、次官の意向 「公文書に当たらず」 防衛省
https://mainichi.jp/articles/20170720/ddm/001/010/222000c

南スーダン国連平和維持活動(PKO)部隊の日報の隠蔽(いんぺい)問題で、陸上自衛隊が保管していた事実を非公表とする方針は、防衛省事務方トップの黒江哲郎事務次官の意向に沿ったものだったことが19日、複数の政府関係者への取材で分かった。黒江次官は2月15日の緊急会議の前後に岡部俊哉陸上幕僚長と直接会い、「公文書には当たらない」として非公表とすることを伝えていた。

 防衛相を補佐すべき立場の事務次官が、一連の隠蔽を主導した疑いが出てきた。非公表を了承した稲田朋美防衛相の統率力の欠如を露呈し、防衛省・自衛隊の隠蔽体質が厳しく問われるのは必至だ。防衛監察本部の特別防衛監察結果に、こうした経緯がどこまで反映されるかが注目される。

 稲田氏は2月13日と15日の2回、陸自側から保管などの報告を受けたことが分かっている。稲田氏は報道陣に「緊急会議を開催した事実はなく、2日前に事前説明があったことはない」と否定。「陸自に電子データが残っていたとの報告があったという認識はない」とも語った。黒江次官は共同通信に「監察の対象のため、内容についてのお答えは差し控える」と文書で回答した。

 関係者によると、保管の事実を公表するか協議する2月15日の緊急会議の前に、黒江次官は岡部陸幕長と会い、陸自のデータを公表するか確認を求められた。黒江次官は「陸自のデータは個人が保存していた文書」と位置付け、「公文書には当たらない」として、公表しないと伝えた。

 同じ15日に緊急会議が開かれ、稲田氏や黒江次官、岡部陸幕長らが出席。非公表の方針が示され、稲田氏も了承した。岡部陸幕長は翌16日にも黒江次官を訪れ、見解をただしたが、方針は変わらなかったという。


極めて重大な発言であると感じる。
日報が公文書ではなく公表に値しないというとてつもない判断(それが公文書でないのならもはや公表すべき公文書など何もないだろうとすら言ってもよいのではないか?)を、防衛事務次官が下していることの意義は現状見過ごされているが、あまりにも危険だ。
はっきり言えば更迭すべきは稲田防衛相だけではなく黒江事務次官もだろう。
こういう認識を持つ人間が事務次官でいてもらっては非常に困るとしか言いようがない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2130-b1cee46c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。