「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

昨今の政治事情あれこれ

・共謀罪に関する議論、「パヨクのいつものオオカミ少年」という属人的で党派性にもとづく法案擁護(?)はあっても、「構成要件該当性があいまい、などという批判はあてはまらない」という法律論からの擁護はついぞ見かけなかったなぁ。
まあオオカミ少年っていう批判そのものはその通りだとは思うけど、それとこれとは別というか、それはそれとして本当にこの法律に問題はないのか?それこそ構成要件該当性のあやふやさは見過ごしていいのか?みたいな。
まあそのへんの底辺ネトウヨの妄言はさておき、破防法第4条の「教唆」「せん動」って結局これの具体的な定義はなんだ?責任主義にもとるのでは?という話をもう一回繰り返して読んでいるような印象があったなあ共謀罪の審議。

・憲法改正案を秋国会に提出ってなんでそんなに焦ってるんだろう。
無理な解釈改憲してまで集団的自衛権解禁したし、そうなるともう九条は何を禁じているのか状態だというのに。
いや防衛法の解釈や法理論の整理という意味では自衛隊の憲法への明記ってのは小さくない意味がある(九条がある中で自衛隊を正当化するためにどれほどの政治的コストが費やされてきたやら)けど、枝野たちが言うように圧倒的大差で改憲されるべきで、賛否が僅差の状態で改憲したら憲法と自衛隊の亀裂を埋めるための改正で社会に亀裂を残すという本末転倒な事態に陥るのでは。
「九条と自衛隊の両立は本来は不可能で、今までなあなあでやってきたけど、九条を取るのか自衛隊を取るのか一本化するのが立憲主義だ」という意識が国民に根付くまでは待つしかないと思う。

・公文書管理の問題が次から次へと湧いて出てきて笑ういや笑えない。
南スーダン日報問題みたいな重要ごとが森友・加計みたいなどうでもいいスキャンダルでかき消されたみたいな意見ちょくちょく見るけど、この3つは全部同じ根から生えた問題だからな?
というよりむしろ日報問題だけだったら「公文書管理の不祥事のメッカがまたやりました」で終わってたかも。
日報(防衛省)・森友(財務省)・加計(文科省)と複数の省をまたいで公文書管理法が遵守されていなかったという事実が発覚したからこそ(どこまで本腰かはともかくとしても)行政文書ガイドラインの見直しって話に繋がったんだろうし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2129-b7887670