「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「この世界の片隅で」&「超高速!参勤交代」

気にはなってた映画を見てみたよ2本。

すずが「この物価高って果てがないのでは?そうなったらもうこの国に住めなくない?」と恐怖するシーンとか好き。
あと8月15日に白米を炊きつつ「明日の分もあるんだから全部使うなよ」ってのは例えば「解放者の戦場」の「戦争は生活をぶっ壊すがな、世界は変えられん。俺らはメシを食わにゃならんし、風呂も入るし、散歩もせんといかん。どんなとんでもないことが起ころうと、そういったことがなくなったりはせんのだよ」というキムラック難民の老人の台詞だったり、「恋人をさらわれようが腹は減るし、親を殺されても眠くなるのが人間の機能だ」というトゥエンティの台詞だったり、血界ノベライズの「彼女らは悲しみにくれていても、泣きはらしてはいなかった。顔と化粧が崩れないよう、意図して制御していたわけでもないだろうが、(中略)なにがあろうと、そのせいでひと晩の稼ぎをふいにするようなことがあってはならない。生活とはそういうことだ」という娼婦たちの葬儀姿だったりを思い出すなあ。

ただやっぱり俺は史実や現実を忠実に模写することに注力する系の作品は「なら史実が書いてある歴史の本読めばいいんじゃね?アニメで見る意味は?」って思ってしまう。


王道というか陳腐というかみたいな人情劇パートはそれはそれでまあ嫌いじゃないんだけど、最後にあれだけ大規模な市街戦やっといて「語られなかった戦い」扱いは相当無理あるんじゃないか……?
吉宗の扱いは暴れん坊将軍と差別化しつつも悪役にしないためにはどうすればいいんだっていう苦慮が見えて、この吉宗はこれはこれで好きだぞ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2123-8d301bcd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。