「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「安全保障政策と戦後日本1972〜1994 記憶と記録の中の日米安保」河野康子, 渡邉昭夫編著

まずいきなり蛇足から始まってしまってなんとも奇妙ではあるが、「かつて戦後日本では防衛政策上、政府が立場を明らかにするだけで問題となる時期があった」という一文について。
これそのものは特に異論はないが、引き合いに出されているのが三矢研究問題であることには違和感を感じる。
三矢研究自体も当時から見てもこれが政治的正統性を得られると思っていたのだとしたら統幕の感覚を疑わざるをえない代物だが、防衛研修所(現・防衛研究所)の中で行われた先行研究である「研修資料別冊第175号 自衛隊と基本的法理論」を見るとごく普通に広い範囲に渡って国民の自由権を停止させる旨が明記されており(どちらかと言えば明治憲法における戒厳令の引き写しか?)、一体どういうつもりでいたのかますます疑わしくなる代物である。
これが政治的に批判を浴びたのは当然ではなかったか。

揚げ足取りはさておき本題に入る。
意外に感じたのはすでに70年台の時点で防衛・外務官僚にとっては米軍基地縮小・環境問題対策(当時環境問題という言葉そのものはなかったが)が解決すべき問題として認識されていたという指摘である。
春原剛「同盟変貌」でも日本での米軍再編協議を世界全体の米軍再編モデルとして扱いたい米側に対し、ひたすら基地縮小・負担軽減を追求する日本側のすれ違いがあったことが指摘されていたが、つまり(結果が伴わないためあまりそういう印象を受けず、特に沖縄県サイドからは長年「本土は米国の言いなりだ」という強い批判を招き続けているが)防衛・外務官僚たちにとっては長年基地縮小・負担軽減が懸念事項であったということになるのではないだろうか。
とはいえ上述の通り結果が伴っていない以上、沖縄が不満を抱くのは避けられないことだと言わざるをえないのも事実ではあるが。

また旧ガイドラインの担い手の一人である久保卓也の来歴・思想的背景も興味深かった。
ただ坂田道太防衛庁長官-久保事務次官(-西廣-宝珠山)ラインで生まれた旧ガイドライン・51大綱であるが、佐瀬昌盛「むしろ素人の方がよい: 防衛庁長官・坂田道太が成し遂げた政策の大転換」では坂田の役割が強調され久保はほぼ言及がなく、逆にこの本では久保への記述ばかりで坂田への言及が少ない。
同時期に防衛行政への説明責任と広範な国民的支持を重視した二人の人間による産物なのだが、坂田・久保間でどのような意見交換・やり取りがあったのかはまだ明らかでない。
この点今後の研究が待たれる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2121-d83579c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。