「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「集団的自衛権の思想史──憲法九条と日米安保」篠田英朗

集団的自衛権と憲法にまつわる学説や政府の議論の変遷、またそれに関わる話を取り扱った本。

現行の内閣法制局の解釈や憲法学の議論における「自衛権」の概念、つまり現在合憲であるとされているのは、政府が行う施策をさして自衛と呼ぶのではなく、擬人化された国家もしくは国民自身が直接立ち上がることを自衛と呼んでいるという点や、第2次安倍内閣で実際に行われた閣議決定は実は安保法制懇の論理を明確に否定しているという点など、非常に興味深い指摘がいくつか見られる。

また評者が長年抱きつつもうまく論理化・言語化できなかった点を突かれ、ようやく胸のつかえが降りた思いもある。
水口宏三・社会党議員の「憲法典には自衛権については否定も肯定もされていない。これは憲法論ではなく政策論ではないのか」という答弁や、横田喜三郎・最高裁長官の「安保条約に対して、実質論で争うのではなく憲法に違反すると言って争うのは政治の悪癖」という意見がそれで、特に後者は今となっては何らかの防衛政策における新たな政府の行為が取られるたびに違憲訴訟が自動的に発生し、そして実質論として安全保障論や防衛政策論には入ることなく「安保か9条か」の観念的な議論でのみ争われそれが続くということに極めて辟易している評者にとって非常に印象に残る指摘である。

「『最低限』の自衛権の概念によって自衛隊が擁護され、日米安保条約が擁護される過程の中で、『最低限』なことが合憲で、『最低限』ではないものが違憲だという発想が、日本の憲法をめぐる議論に広範に染みわたっていった。単に個別的自衛権が合憲で、集団的自衛権が違憲だ、という『線引き』が便宜的になされただけではい。海外で行うような活動は『最低限』とは言えず、日本国内で日本の事柄に専心することが『最低限』で合憲だ、という理解が、憲法解釈の通説として広まった。そこではもはや国際協調主義にしたがった行動が憲法の理念に合致し、国際協調主義に反することが憲法の理念に反する、といった議論を進める余地は全くなくなった」

本書の末尾において投げかけられた問題提起であるが、この「個別的自衛権なら合憲であるが、集団的自衛権は違憲である」とする普及した見方について、もう一度考え直してみるべきだろう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2112-ddda3311
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。