「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「シン・ゴジラ」

うちのブログカテゴリに実写映画を取り扱う項目がないのでしょうがないからアニメ類に入れときました。

絶賛されてるのを横目で見つつ、怪獣映画にあまり興味ない俺にとって面白いのか半信半疑でしたが、ともあれ一応見には行ってきました。
ゴジラに対処するために役人が会議会議会議、東京でゴジラ大暴れで株価も国債も暴落、ゴジラを撃破するために国連安保理決議が下って多国籍軍が編成、と「2016年に怪獣映画を作ったらこうなるだろうなあ」感。
明確に良かったと言えるのは戦後の我が国における防衛出動の発令がいかに重大事であるかが強調されているくだりですね。
ゴジラ第一形態を攻撃しようとして逃げ遅れた難民が見つかり、どうする?となった時の陸幕(だったか?)の「自衛隊が国民を撃ったら自衛隊の存続に関わる事態を招く!」という発言、また大河内総理の「わたしは自衛官に向かって国民を撃てと命令することはできない!」と叫んだシーン、とても良かったです。

ただCGが全体的にしょぼくて非常に辛かった。

まあ丸損ってほどでもないけど、面白かったかと言われると別に……みたいな感じでした。
スポンサーサイト

コメント

やはり巨大特撮はウルトラマンに限るということだフハハハハ…みたいな元ネタ戯言はともかくとして

完全に時期遅れの鑑賞でしたが、わりとハードル上がってたわりに、あれっ!?てぐらい素直に面白かったので個人的には良作でした
中盤以降がちょっとダレたというかそこまでの盛り上がりに負けた感じですが、前半の「何かが現れて街が破壊されている!どうする?」感は普通によかったんじゃないかと
文字通り怒涛の勢いで繰り出される適正手続の話と実在兵器群なんかは(勝手な予断ながら)ブログ主の分野(?)だと思ってたので、「面白いってほどでも……」という評価はまた意外という感じだったり
いやこっちが知識素養の乏しい人間だからこそ採点甘めってのもあるんでしょうが

>>大河内総理

大河内内閣(と関連)、無能説も言われてますけど枠組みの中ではだいぶ誠実に動いていた印象なんですよね
「え、今決めるの?」みたいなこと言ってた人が避難民発見報告からの(総理、どうしますか?撃ちますか?)「攻撃中止!」はドラマとしても憎い演出
あのあたりから印象も変わってきて、対ゴジラ総攻撃が失敗した後も無茶な戦線拡大せず方針切り替えたりと
後半組が「こうなれたらいいな」的理想だとしたら、前半組は前半組で「(最低限)こうあっておくべき」的理想じゃないかなあと

それだけに延々引っ張った自衛隊総攻撃→武器の無制限使用→あのシーンの絶望感、の流れがじつに上手かったというか……

>>防衛出動の発令
出動名目は災害派遣ですか防衛出動ですか、だけで法文ばーっと出して超法規的措置うんぬんまでやったときは「これ何の映画だっけ……」と一瞬思いました(こなみ)

>>CG全体的にしょぼい

ぶっちゃけ、初めて全身が映るシーン(いわゆる蒲田君)見たときはインパクトに誤魔化されつつも「2016年にこれだけ違和感あるCG見せられるのか……」みたいな
終盤の在来線某も勢いで完全にカバーされてるとはいえ、映像のクオリティとしてはキツかったですね
非現実感を出すためにあえてCGCGさせたとも噂もあるにせよ、やっぱりこのへんは技術的な限界なんでしょうか

  • 2016/10/30(日) 18:48:57 |
  • URL |
  • 流行に乗り遅れたのも私だ #-
  • [ 編集 ]

実はロボットアニメの架空兵器は大好きなんだけど、実在兵器は別にそこまで大好きってほどでも……だったり。
手続きの話はなんていうか、「まあねえ、2016年になって作る映画が『どこに所属するのか分からない謎の部局がふわっとした権限に基づいて、一体誰の命令に基づいたのやらいつの間にか出動してる』とかやるわけにはいかないよねえ」という感じで、
「昔のようにテキトーにやることはできないよね」の範囲をあまり超えてこなかったというのかな。どう言うのが適当なのか悩むんですけども。
「どういう決まりなのか、条文を正直に読んでその通りに描きました」的な感じでそこまでガチガチに手続論を掘り下げたわけでもない(とはいっても、それはこの作品がゴジラの映画であって法律の映画じゃないからですけど)し、常日頃俺が言ってる「フィクションならではのリアルさ」に繋がってたかというとそれほどでも…という感じで。

>CG
信者乙って言われそうだけどフロムソフトウェアならもっといいCGムービー描くのになあ、と思わざるを得なかったですね。
帰ってきて最初にしたのもACVのムービー見直して口直し、でしたし。

  • 2016/10/30(日) 23:51:32 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

「考証にひどい穴があるわけじゃないけど、SFとしての面白みは……」みたいなもんですかね
いやSFマインドがどーたらとかではなくて、「土台はともかく、その上だからこそ積めるプラスアルファが足りない」的なの。

>CG担当部門
wiki見たらとそっち方面のベテラン製作でもあったんですね、ゼノギアスとか懐かしい

  • 2016/11/04(金) 18:34:52 |
  • URL |
  • 流行に乗り遅れたのも私だ #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2102-2a032174