「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「憲政史家の人」「紛争史研究家の人」「法学的にはクーデターの人」

安保法制もあって色んな論者がいろんなことを主張してますが、俺が今一番注目してるのは紛争史研究家の人と憲政史家の人と『(安保法制は)法学的にはクーデター』の人ですね。
いやまあ単にキチガイ三連発見て面白がってるだけなんですけれども。
紛争史研究家の人は元々閣議決定以降急速に発狂して界隈で話題になってたらついに同業者にまで「あいつと一緒にすんな」と公言され、憲政史家の人は元より誰もまともに取り合わなかったトンデモが虚偽の記述をやらかして裁判で謝罪と賠償を命じられる追い打ち(「これでまともに相手にされなくなるだろう」というコメントがありましたが、そんな今までは誰かが真剣に相手してあげてたみたいな言い方違和感ありあり)食らいですが、法学的にはクーデターの人は失笑を買いつつも真面目に引用する人もちょこちょこいるのが不思議。
ところでこれを「法学的には、っていう留保がついてるから!」という点を強調して擁護しようとする人たち、そもそもただでさえクーデターと呼ぶのがおかしいのに「法学的には」なんて但し書きつけるから「法学的なクーデターの定義ってどうなってるの」とますます意味不明になってるから馬鹿にされてるんだと思ってたんですが。

真面目な話をすると、俺も安保法制は違憲でやるなら改憲してからやれという意見ですが、同じ違憲説だからといってこんなのと一緒にされたくはないですね。
これに同意しないのなら「同じゲームの土俵の上に上がろうとしない」「非立憲・反立憲主義者」扱い、というなら一向にそれで構いませんし、それになんら痛痒を感じたりはしないです。
むしろこういう馬鹿が話をこじらせる元で、百害あって一利なしとしか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2088-f646d87a