「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本の安全保障法制入門」鈴木和之

文字通りの防衛法制に対する入門書。
同じ内外出版の「日本の防衛法制 第二版」に比べると薄く、またテキスト量も短くなっているが逆にその分手軽でもある。
またこちらは4ヶ月前の出版と非常に新しく、2015年の一連の安保法制への解説も載っているので最新版の解説書として有用。
安保法制については是非については論じておらず、あくまでその法的構造を解説するというスタンス。
評者は恥ずかしながらこの本でようやく周辺事態法が重要影響事態法に改正されていたことを知った。

またいまいち明瞭に理解していなかった武力攻撃事態対処法と自衛隊法第76条の法的な接続について把握することが出来た。

ただ全体的に分量が薄いのでしっかり掘り下げられていない部分があり、「自衛隊は国際法的には軍隊」とする政府答弁を第2次安倍内閣の答弁から引用しているが同様の答弁は小泉政権や海部政権ですでに出ている点が挙げられる。
それとよく誤解されやすい領空侵犯対処については「日本の防衛法制 第二版」のほうがより詳しい。
「日本の防衛法制 第二版」と合わせて読むのがもっとも効果的であると思われる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2083-386ab94f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。