「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「吉田茂と安全保障政策の形成―日米の構想とその相互作用 1943~1952年」楠綾子

興味深い記述が多かったため、箇条書きでそれを書いていく。

・ソ連の千島列島への行動は必ずしも日露戦争・シベリア出兵への報復というナショナリスティックな欲求だけではなく、地政学的な安全保障上の問題でもあったという指摘。

・マッカーサーによる日本の非武装化案はアリューシャン・ミッドウェー・フィリピン・沖縄などの周辺地帯への米軍基地設定が前提であること。

・この時期の米国、少なくとも国務省では域内諸国の政治・経済の自立安定を確立することが共産主義の浸透防止に有効であると考えられていたこと。現在の米国の中東政策に比して先見の明があると言わざるをえない。

・憲法第九条二項による非武装での安全保障はGHQからその意向を受け取った直後の外務省においてすらその非現実性は明確であったこと。

・アメリカと安全保障上の協定を結ぶ上で起こることが予想されるソ連の反発について、日本政府が無関心であったわけではないこと。

・吉田茂が再軍備を急がなかった理由として、経済的な理由の他に「急速な再軍備はそれだけ旧軍軍人に頼ることになり、吉田の考える新国軍への理想からは離れてしまう。そのためには占領改革の下で民主主義・自由主義の空気を吸った層の比重が増えることが望ましい」とする見解。

・「朝鮮半島における国連軍の活動に対して基地を提供する」が吉田・アチソン追加公文によって極東条項に変化していく過程。

吉田茂の「再軍備は避けられずむしろ当然であるが、現在の国力では軍備を持つより経済復興に専念すべき」といういわゆる「吉田ドクトリン」が実際にはどのように政策化されていったのかという過程は評者が知っていた以上にさらに複雑で難解な道であることは非常に興味深い記述である。

ところで気になるのは、吉田の軍事問題へのブレーンたちによる再軍備計画が陸上兵力15万人で落ち着いたことと、後の鳩山一郎内閣における6ヶ年防衛計画での陸上兵力整備計画も15から18万人という数字に落ち着いているという別の先行研究での指摘(「戦後日本の防衛政策―「吉田路線」をめぐる政治・外交・軍事」中島信吾)が存在することの奇妙な一致である。
吉田茂と鳩山一郎の間で予備研究の内容をやり取りすることがあったとは思えないし、この数字を算出した吉田の軍事問題へのブレーンたちもその後自衛隊・政府に加わったというような形跡は見られない。
純粋に軍事的に日本の防衛に必要になる兵力を見積もると、立場とは関係なく15万から18万人程度という数字に集束するということであろうか?
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2079-75c084bb