「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「アイドルマスターゼノグラシア 熱唱!巨大ロボットアニメソング 嵐/無敵」

前から気にはなっていたのですがようやく購入。
とはいってもゼノグラシア自体は見たこと無くて、女性声優のロボットアニメソングカバー曲目当てですが。

・斎藤桃子版「疾風ザブングル」
いや斎藤桃子に歌わせるんだったらもっと他に彼女に歌わせるのに向いてる曲あるでしょ……なんで串田アキラの曲なんて選ぶの……という感じ。でも冷静に聞いてみるとイントネーションは結構忠実かも。

・清水香里版「ダンバインとぶ」
低めの声出す女性声優なのでMIOの曲もなんとかこなせる(清水香里がどうこうというよりMIOが力強すぎるんだが……)感じ。シグナムのイメージが未だに強いので剣振るうダンバインOPが似合うという俺の勝手なイメージ補正もあるかも。

・喜多村英梨版「炎のさだめ」
ボトムズファンからはさんざん酷評されてしまった一曲。ぶっちゃけキタエリはなんも悪くねえよ。この作品のこの曲を女性にカバーさせようっていうのがそもそも無理ある。

・櫻井智版「エルガイム -time for L-GAIM-」
逆に元のMIO(現MIQ)の恐ろしく力強い声のおかげでこっちは違和感ある。流れるような滑らかな歌い方の「show me the way to you」、原曲だと一句一句をかなり力強く区切って歌ってるのでなんかしっくり来ない。

・堀江由衣版「メロスのように」
元々アイドルソング的な雰囲気もある上に高い声の曲なので女性声優がカバーしても違和感は薄め。しかし他人がカバーしてもやっぱり「(ジャジャジャッ)ロリウェーイ」になるのなこれ。

・井口裕香版「ドリームシフト」
これも元々柔らかい感じの声の女性ボーカルが歌ってる曲なので女性声優がカバーしても違和感はあまり感じない。むしろこれ本当にいぐちくんなの?という疑問の方を感じるくらい。加賀岬と同じボーカルなんだよなというのが釈然としないぞ。

アイアンリーガーは原作未見に付き言及不能なので省略。
結構聞ける感じで悪いもんじゃあないかな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2072-2a687817