「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイヘイヘイ誰が なんて言ったってうまく行くさ明日

・新聞の投書欄で「どうして武力などというものを持とうとするのですか。人間は話し合いで物事を解決すべきです」と書いていた中学生を見た時真っ先に思い出したのが「誰にでも分かることを、誰も出来ないから、誰もが悩んでいる」というエンジェル・ハウリングの一センテンス。
これ自体は元々はスィリーの「人生は単純な真理を見落とした連中の墓場だぁな。聞きたくないことなら無視すりゃいいじゃねえかと思うわけだが」という台詞に対するフリウのモノローグでの答えなんですけど。スィリーのこの台詞もまた色々と刺さるものがあるなあ。


・仕事帰りの車中で誰もいないからって「心にファイヤー燃やして、悲しみをぶっ飛ばせ~」「サッスライガァーーー グッラッ!」「最強の魔人よ戦え~」とかでかい声張り上げてたら運転してるだけなのに息切れた。


・「異能バトルで強い無能力者」という話になるとかなりの確率で通りすがりのサラリーマンと笑う女豹が出てくるんですが、個人的には高槻夫妻は戦闘力の高さより親として立派であったことを語りたいなぁ。
この二人にとっては涼はまったく接点のない、義理の親を引き受けるような筋も何もないまったくの赤の他人のはずなんですよね本来なら。
しかもその赤の他人はいずれエグリゴリという世界を支配する組織が企むくっそ厄介な陰謀に巻き込まれることが最初から分かってた。
それでも高槻夫妻はあえて涼の親になることを選んで、まっとうな親子として子供に愛情を注ぎ、同時に(涼本人もそうと気づかないうちに)やがて直面する苦難を乗り越えるためにさまざまなことを教えて育てていった。
結果、涼は見事ジャバウォックを完全に従える男になれたわけで。
いくら高槻夫妻が強さを誇っても涼がジャバウォックを制御できなかったら結局終わりなんだから、そう思うと本当にこの夫妻は親として立派だったと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2071-a9e6fee2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。