「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「魔術士オーフェンはぐれ旅 手下編」その3

手下編だけじゃなくて4部全体の話も取り混ぜつつ。

・カーロッタが負けさせてくれなかったら多分本人の意図とは関係なく肥大化した権力のおかげで大統領邸かキエサルヒマかどっかからオーフェンのもとへ暗殺者が送り込まれてきたと思う。

・旧戦術騎士団にはエド派なる派閥があったらしいけど、なんなの戦術騎士団の隊員って強ければ強いほどいいサイヤ人思考なの?それともダメンズ好きがそんなに大勢いたの?

・「敵であろうと味方であろうと、ラッツベインに危険はない」
本来はラッツベインの善性への信頼なんだろうけど、なんか「あいつは自分の対処能力の範疇から出ない」、ありていに言っていざというときはぶっ殺せちゃうから問題無いと言ってるように聞こえて怖い……

・「役にも立たないビラをまいたり、体のバケモノ具合いを競えば勝てると思ってる呑気な連中を一人で束ねてる」カーロッタ、
 「いざとなれば俺のほうが腕っ節は強いぞというだけの田舎ヤクザ」の頭領のオーフェン。
確かに「くだらない世界を両端から二人で支え合ってきた」仲間ではあるよな。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2053-77ed7d9a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。