「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

沖縄米軍基地問題雑感

未だに犯罪米兵・軍属とその家族の裁判権を米側に握られている日米地位協定ひとつとっても沖縄側が不満を抱くのは分かる……というよりむしろ当然と言える。
ただ辺野古移設を潰してもその時起きるのは普天間の固定化でしかないのでは、という疑問はやはりずっと拭えない。

ただ地位協定の改定は日本の刑事司法制度の改革とも絡んでくる(ドイツの駐留米軍の裁判権はドイツ側が持っているが、それは「『ドイツの司法制度は被疑者の権利を十分守っている』という点で合意ができた」という日本が追いつくのにあと何年かかるのか気の遠くなるような問題)上、駐独米軍の「環境規制基準が自国軍と同等」というのは長年西ドイツとしてNATOの中でワルシャワ条約機構軍に対抗するための防衛負担を積極的に引き受けてきたというだけでは達成できず、NATO域外派兵違憲問題で揺れるドイツ国内政治への援護射撃としてようやく達成できた代物。

その点日米安保同盟の場合は防衛負担が明らかに均等ではない上、日本側は均等にしようという努力もしなかった(出来なかったのか、しなかったのかどちらなのかはともかく)。
果たして集団的自衛権部分解禁くらいのことで思いやり予算減額や地位協定の「運用見直し」ではない「改定」を飲ませられるかというとほとほと心もとないというのが正直な所だ。

しかも沖縄の負担を減らすための日米同盟の対等性強化はほぼそのまま沖縄の負担増に直結するというややこしい点もあり、なんともこの問題の先は暗い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2048-8a69d243