「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

元気爆発ガンバルガー その1

飛び飛びで先に見たりしながら27話まで。

・完全にギャグで魔界獣も一種のシチュエーションコメディ状態なのでそれに慣れるのにちょっと手間取りました。
ただヤミノリウス&魔界獣も「それはやったらまずいだろ」という線は超えないで面白おかしく暴れるので慣れるとこれはこれで。

・「青空町が歩き出す」ってどういう意味だよと思って見てみたら本当に青空町に足が生えて歩き出すとかいうぶっ飛んだ展開。

・ゴウタイガー&マッハイーグルだけでリボルガー・ラストファイヤー撃ったり、街がジャングル化して発進できなくなったり、父ちゃんがゴウタイガー搭乗&グレートガンバルガー合体バンクやったりとバンクで遊び過ぎィ!(褒め言葉

・てかバナナーン回面白すぎ。なんでもバナナ化光線とか何気にやばくない?あとどうでもいいけど虎太郎って着物で寝てるのか。

・2号ロボが登場してその話のオチで洗脳されて敵に回るとか大胆過ぎる。

・偽イエローガンバーの悪事を「虎太郎くんならやりかねない」と言われてしまう真イエローの信用度の低さよ。イエローガンバーが助けたのにレッドガンバーにお礼言ってるシーンとかあったし。

・ブラジルから走って帰ってくる虎太郎クッソワロタ。

・青空町の市民が漫画に吸い込まれて本の中でヤミノリウスと綱引きしながら、外では魔界獣とゲキリュウガーが戦ってるという非常に珍しい絵面も面白かった。

・グレートガンバルガー、合体構造ややこしいな!
何回も映像を見返し、当時の合体玩具の解説ページを見ているうちにやっとなんとなくわかってきた。
しかし完成後のビジュアルを知っていてもガンバルガー・リボルガー・ゲキリュウガーがそれぞれどこに行ったのかよくわからないのに本物を見ないまま立体パズルを解いた虎太郎って実は天才なのでは。

・犬になっても「この格好なら立ちションしても怒られない」とか言ってのんきな虎太郎すき。
しかし犬が二足で直立して歩いて覆面被りながらスイカの早食いして瓜核バルカンってもう何がなんだか。

・ファイナルガンバーソードの重量感いい。
ただ惜しむらくは「グレートファイナルアタック」ってガンバルガーならではの固有名詞を含まない汎用単語の組み合わせで出来てていまいちかっこよくない技名。

・26話だけやけに話の流れの処理が悪いというか、80年台でもここまでしつこくチビジャリキャラのおかげで主人公が苦戦させられる展開はあんまりやらなかった気が……
しかもあのタマネギ、買ってなくね?魔界獣が奪ったのを横から拾ってきただけだから盗難じゃねえ?

・犬のままガンバルガーに乗ってグレートガンバルガーへの合体もこなした挙句普通に超魔界獣倒すなよ父ちゃん!犬のくせに!
この回は前話と逆にゴウタイガー/ガンバルガーに乗らなかった虎太郎もうまく戦いに貢献してていい感じでした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2046-c9731068
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。