「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

安保法案を巡って・その2

・「いち官僚とその部局でしかない内閣法制局とその長官の答弁・解釈を後生大事にするのが『法的安定性』や『立憲主義』なのか?」という点と「そもそも根本的に集団的自衛権解禁は明らかに憲法9条の範疇を飛び越している」という点が微妙に入り混じって話が不必要にややこしくなった印象がある。

・野党が参院審議で見せた醜態やシールズのデモの仕方について、あれを支持できるかと言われると当然できないのだが、では彼らを今批判している人間はどういう層なのかを見ると「ここで野党・シールズバッシングをするとこういう手合と一緒になるのか」となって、結局どこにも行き場がない。

・こういうやり口で憲法を飛び越すような法案を押し通しても、防衛政策への国民の広範な支持と政治的正統性が引き裂かれるだけで後世に害しか残さない。
スポンサーサイト

コメント

国会乱闘騒ぎはまぁ意外とよくある(褒められないけど)事なので今更ですが
あれが有効なパフォーマンスだと思ってるのは心底危ない感じなので野党・シールズ批判でいいんじゃと考えるのも私だ。

>防衛政策への国民の広範な支持

難しいと思うんですよ。
なんてーか、米国いいなり!でも中国の脅威!でもそうなんですが
結局のところ世間で軍事話が話に昇るケース自体、『皆様寝耳ですが海外の都合によりこうなります(ならざるを得ません)、じゃそれでよろしく』しかあり得ないんではないか的な。
最初っから国民の意向がどうのとは別のとこに決定打があるから、もう強引に(国内事情は別枠にして)処理しとこう/しておいてね(こっちも薄々わかってる)というヤな覚悟があるというか。
その前提で、国内の話、公務員としての自衛隊ってどうするの?的な方向に興味引くのはなかなか困難であろうなあと。
ログの残りやすい世界で正統性がないがしろにされると色々危険である、というのはわかるんですが…

  • 2015/09/23(水) 20:46:15 |
  • URL |
  • 内容不支持・支持率維持とはつまり割とどうでもいいな位置付けかと思うのも私だ #-
  • [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>結局のところ世間で軍事話が話に昇るケース自体、『皆様寝耳ですが海外の都合によりこうなります(ならざるを得ません)、じゃそれでよろしく』しかあり得ないんではないか的な。
http://kurowani.blog6.fc2.com/blog-entry-1947.html
こっちでも書いたんですが、だから何度か「事前に起こりうる危機を想定して予め『ここから先はできない』と制約をかけるのは不可能。防衛出動にせよ自衛隊海外派遣にせよ、アメリカの戦争権限法のような承認後の国会の再審議制を導入すべき(違憲問題や戦争権限法自体の死文化はあるが、国会の再審議とそれが得られない場合国会に軍隊を撤収させる権限を与えるという項目は参考になるはず)」と何度か書いたんですが、この点は国会審議はおろかインターネットの言論空間の中でもまったく関心を呼ばないんですよねえ。
今のまんまだと一度自衛隊の派遣・出動を承認したら後は国会は首相の指揮権にほとんど関与できないのは問題だ、っていう。

>正統性がないがしろにされる
民主主義・法治主義的な原則をこうも蹂躙されるとさすがに困るというか、目的は手段を正当化しないという原則をみんな忘れすぎ。
栗栖元統幕長がなぜわざわざああいう発言をしたのかみんな忘れたんだろうでしょうか。

  • 2015/09/24(木) 23:50:27 |
  • URL |
  • TF #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2039-619f1f71