「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国家と秘密 隠される公文書」久保亨・瀬畑源

秘密保護法・公文書管理について瀬畑氏が前著やブログで書いてきた話を簡単にわかりやすくまとめた本。
公文書館が現在ただの独立行政法人になっているのには驚愕せざるを得ない。
瀬畑氏は国家が機密を持つことを絶対悪としているわけではなく、単純な「いつかきた道」論ではなく過剰機密に陥る可能性を指摘している点はポイントであると思う。

この本の他に同じく瀬畑氏が戦前から日本の機密保護法制の展開を記した小論や、クリアリングハウスの三木由希子氏による日米の機密保護法制の比較を扱った小論が掲載されている「歴史評論 11月号」をあわせて読むことを強く勧める。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/2020-3a9070a6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。