「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「我が軍」発言で首相、野党追及に自ら幕引き

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150331-00050014-yom-pol
.
 安倍首相が今国会で自衛隊を「我が軍」と答弁し、野党が反発している。

 首相は30日の衆院予算委員会で「他国の軍と対比するイメージで自衛隊を我が軍と述べた。それ以上でもそれ以下でもない」と説明したが、度重なる追及に「大切な予算委員会の時間がこんなに使われるのであれば、そういう言葉は使わない」と述べ、自ら幕を引いた。

 発端は20日の参院予算委で、維新の党議員から自衛隊と他国軍との共同訓練について問われ、首相が「我が軍の透明性を上げていくことにおいて、大きな成果を上げている」と述べた答弁だ。野党側はこれを批判し、その後の国会論戦で執拗(しつよう)に取り上げてきた。

 野党はこの日も発言を問題視したが、首相は「国際法上、軍として取り扱われるものだ」とした上で、民主党政権時代の2011年に一川保夫防衛相(当時)が「外国から攻められれば戦うという姿勢だから、そういう面では軍隊という位置づけでいい」と国会答弁したことも指摘した。


そもそも小泉政権時代にすでに「自衛隊は国際法上軍隊に相当する」という答弁(ちなみにこれを答えたのは当時防衛庁長官だった中谷元)が出ていたのを無視して「憲法を改正して国軍化しないと必要な国際法上の諸権利を得られない」と言い出したのは第二次安倍政権だったはず。
言ってしまえば「逆切れ」にしか見えない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1998-37823602