「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年3月3日衆議院予算委員会答弁について

http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=44530&media_type=

1時間20分前後が枝野幸男氏の集団的自衛権解禁についての質問。
枝野の質問は「石油輸入途絶というのは相当の打撃を受ける大変な事態ではあるが、武力攻撃を受けたことと同義ではないのではないか」「我が国に対する未必の故意としての機雷攻撃であれば個別的自衛権で対応できるのではないか」というもの。
輸入途絶イコール武力攻撃とみなせるかといえばそれは枝野氏の言うように同一ではない、武力攻撃を受けるに等しい非常事態ではあっても武力攻撃そのものではないように思う。

そもそも集団的自衛権行使の具体例として持ち出されるのが機雷掃海ということ自体が的外れだろう。
それほど頻出する事例とも思えない上、本来行使されるケースは対米軍事貢献のはず。
なぜ率直に「我が国に対する武力攻撃を招いたり、他国の戦争に巻き込まれるリスクは増えるがそれは日米安保体制の堅持や国際協力の上で払わなければならないリスクだ」と説明できないのか。


枝野氏が「石油が入らなくなっても大したことはない、とか言ってる」と吹聴している方々は論外。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1988-6b24e38b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。