「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

超電磁マシーン ボルテスV

東映オンデマンドの2月見放題で視聴。

最初の10話くらいはステロタイプな「スーパー系ロボットアニメ」像そのものであまり面白くないというかわりとしんどかったんですが、剛博士の話やハイネルの普段はふんぞり返ってるけど実はボアザンの中で冷遇されてるという話が出てきて面白くなってきた感じ。

印象的だったのはザンバジルから「剛博士捕まえたので地底城に送るわー」→ロボットの偽物でした、しかもそれハイネルにも知らされてませんでした、でショック受けたり、部下の面前でワインぶっかけられて侮辱されたりするハイネル。

あとさんざん偽物の剛博士ネタで引っ張ってきた後、今度は剛博士のほうが偽ボルテス&偽左近寺博士にハメられそうになるのがなんか「そう来るか」という感じでインパクトある。

そのハイネルの最後はとても印象的でした。
「兄弟同士で血で血を洗う戦いをしてきたのか!」と愕然とし、とっさにザンバジルの爆弾から健一を庇って「兄さん」と呼ぶ声に力なく首を横に振りながら一言「……お父さん」と言って炎の中に消えていく。
「ラ・ゴールの妻は子供を産んで死んだ」「ハイネルは父が反逆者、母は自分を産んで死んだ」という個別の事実を予め先に出しておいてその関係なさそうな2つの事実が実は直線で結びつくっていうね。憎い展開。

ただ80年台らしい大雑把なところは気にならなくもないんですが。
1話でボアザンの攻撃で地球上やられてロンドン壊滅!BBC電波途絶!とかやってるのにその後横須賀ではラジコン大会が普通に開かれて日吉がそれに参加してるとか。
あと「……お前ら会ったことあったっけ?」というのも多い。健一はハイネルの顔一度も見てないというか名前すら知らんはずなのに普通にハイネルに会って名前呼んでるし、カザリーンも健一とは一度も会ってないはずなのに以下略。
ボルテスバズーカ・ガトリングミサイル・チェーンナックルってこれギミック並立しなくね?とかは些細なことなんで別にいいんですけど、そういうのは気になる。
ボルテス本体だけでは賄えない超電磁ボールのエネルギーを賄うために落雷を利用するって言って天空剣抜くたびに毎回雷が落ちてきてくれるし。

しかし天空剣Vの字斬りは格好いい。
スパロボαの時「/」に斬った後の手首の返しをさして「これぞ長浜ロマンだ!お前ら着目しろ!」という攻略本の解説ありましたが、あれはいい。その後2歩3歩と歩いて押しこむのもまたよい。
まあ実は一文字斬りとか唐竹割りとかバリエーションあるってのが意外でしたが……ところで「天空剣二段斬り」って言いながら3回斬ったよね?

ただこのラストを見るとスパロボや長谷川裕一漫画でのハイネル生存&仲間入りは微妙に感じる。
あそこで死ぬからカッコイイんだろ!というのもあるし、最終話の健一との一騎打ち直前まで「角のない虫けらどもにボアザンを踏みにじられてなるものか」とか言ってて味方入りするにはフラグ足りなくない?

でも市川さん亡くなっちゃったのホント惜しいよなあ。クロッペンとか2D据え置きに出てきてギアスの力や螺旋力、GN粒子となんでも知ってるズール様ばりに絡んで欲しかった。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1985-310fb1e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。