「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「巡ル結魂者 4」秋田禎信

・相変わらず秋田の能力バトルは独特だよなぁ。
最初に出てきたドラゴンリンカだってありふれたドラゴンという題材を使っておきながらその詳細は「意識している限り傷つけることは絶対に不可能、それどころか動かすことすらできない」という変わった能力だし。
しかも「ただし意識していないところで傷つけられると暴走する」という明確なデメリットがちゃんと用意されてるのも秋田らしい。

・メイゴリさんが豊富な知識によるライブラであっという間に敵リンカの能力特性を見抜き、カズトがその頭脳で瞬時に弱点を突いていなすというこのパターン強力な組み合わせだな。
性格的にも相性がいい(お互い器がでかいので多少のことはさくっと受け入れられる)からますます強力。

・しかしメイゴリといいトアコ先生といい、あの格好でまるで色気ないっていうの凄いよなあ。
いや、色気がなくて萌えられないというだけで、キャラクターとしてはあれだけの過去がありあれだけの力がありながらあくまでもお人好しで居続けるメイゴリとあまりに女コルゴンそのものの天然ボケキャラなトアゴン先生で魅力的ですが。
ただその分テイカがいまいち。
なんというかあまりにベタなヒロインでいまいち個性を感じない。いやタマ抜くぞクルァとか変な方向でキャラ立ててますけれど。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1979-76859506
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。