「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「マスターファイル VF-22シュトゥルム・フォーゲル2」

・キメリコラ特殊慣性制御システムが高性能の秘訣はいいけどそれが月産10基で精一杯、その中でVF-22の他にもクァドランも作らないとならんからVF-22は月産2機で限界ってすげーなおい。それでよくGGは主力機コンペに出す気になったもんだ。
しかもBDIの都合で操縦する資格を得るのに200時間専門の訓練がいるし。それだってあくまでBDIへの慣熟訓練だから実際にYF-21/VF-22という飛行機を飛ばすための慣熟訓練はまた別個にする必要があるはずだしなあ……

・総生産数176機ってこの時代の人類の活動域から考えると恐ろしいレア機だったのでは……
案の定巻末のスコードロンカラーも2p分で終わってるし。

・FASTパックのNP-BAP-24、主翼の上に乗せる懸架方式すっごいSv-51ツインブースター思い出すんですけど。
実際Sv-51を作ったクラーキンが興したGG社製品なんだから何がしかの関係はあるんだろうし、そのあたりにも触れて欲しかった。

・GCA-27Rは珍しくストレートなアニメ的デザインの武装。Fに入ってからトルネードパックとかそういうのも増えてきた影響かな。
でもこれに該当する武装が他のVFには用意されてないのって考えると謎だな。

・ところで腕の半固定ビーム砲をレーザーという設定に変えた意味はなんだろ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1970-3d9775d4