「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原人イシの物語

手塚神のコンビニ本から。
BJの先生宅の話もあって面白く読んでたんですが(いつの間にか自分の家を建てるのを手伝わされるBJ先生のコミカルなこと)「原人イシの物語」が愁眉でした。

こういうファンタジー世界の住人や中世・原始人といった過去の文明の人間が現代に来るとビビるのがお約束で、それ自体はまあ特にいいんですよ。
実際に「古い時代の人間を現代に連れてくる」ということを誰も試したことがない(試しようがない)以上類推するしかないわけで、多分驚くだろうというのもそんな的外れとは思えないし、ただそのことをもって過去の人間をバカにしているということに直結するわけでもない。

この漫画の面白かったのはネイティブアメリカンのイシが現代文明に触れた時のコメントですね。

ビルを見ても「いや、故郷のガケのほうが高い」
カメラのフラッシュを焚かれて「太陽のほうが眩しい」
掃除をする時服を着ないのを咎められて「掃除している時に服を着ると汚れる、汚れると洗わなければならないがそうすると服がいたむ」
ローストチキンをもらって「食事の時に食べる」

特にローストチキンのくだりはこの答えに怒ったロックが床にべちゃっと放り出したのを見て「せっかく掃除した床の上にこんなもの捨てるな」と答えるという。

「はたらく魔王さま」を読んだ直後だっただけにこんな斬新な切り口の「過去の文明人の現代文明への反応」があったのか!とすさまじく感動したなあ。
しかもこれ初出見たら1973年って書いてあるじゃねえか。40年も前にこの発想してたのかよ手塚神。

やっぱ手塚治虫 is god。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1961-3fba9645
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。