「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「巡ル結魂者 3」秋田禎信

・本人が意識している限り絶対に傷つけられないし動かすことも出来ないというチート防御性能を「関節技をかけて捕獲する」という使い方をする秋田の発想、イエスだね!
確かに絶対に抜け出せないんだから効果的だわ。

・あとメイゴリの「戦闘中にしゃっくりさせて隙を作る」という魔法の使い方。
一見ギャグっぽいけどこれも効果的なんだよね。思えば足の小指だけ曲げる魔法とか使ってた。

・エコ、ほんと猫っぽくてかわいい。
なのにあの挿絵なんだよ……「喉に手を当ててる」と書いてあるのにぱふぱふしてるだけで手が喉に当たってないんですけど……

・カズトの立ち位置とその人間性、巻が進むごとに面白くなってくる。
単なるチートスペックってだけじゃなくて若さゆえの思い上がりというかミスも多いけど、こいつはちゃんとそのことを誰に指摘されるより早く自分で気づいて反省できるのが好感持てる。

・戦闘になると音で気絶するだけの簡単なお仕事をしていたハナちゃんがまさかの「耳栓をしてくる」というパワーアップを遂げて帰ってきたのに感動。

・相変わらず秋田の能力バトルはひねった能力が多いので読んでて楽しい。今回だとヴェノムトロンリンカとかエクシンドータスリンカとか。ていうかあの性格であの能力は凶悪だなヴェノムトロンリンカ……

比較的秋田の作品の中ではライトな作風なので、秋田節濃度がっつりなオーフェン4部の直後に読んで大丈夫かと思ってたら普通に面白くてよかったです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1933-c1fdbc3e