「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国家緊急権」橋爪大三郎

本文自体は有事法の議論を見てきた人間なら特に目新しい話はない。
価値があるのは付属資料の各国有事法制条文と日本政府による有事法への各種国会答弁。

どういう事態が「防衛上の緊急事態」かという定義を可能な限り細かく固めている上、悠長に議会の審議を経ている場合ではない奇襲攻撃への対処へもできるだけ隙間なく対応できるよう定められ、その上有事による政府権限の拡大は時限であり時間が経過すれば効力を失う旨と議会による政府の有事対処のための行動への失効手続もきちんと定められているドイツの有事法はさすがによく出来ている。
一方で有事における権利と自由の制限を堂々と法律に盛り込んでいる上、議会は大統領の非常事態対処に対していっさいタッチできず、有事対処はすべて大統領の専管事項になっているロシアも違う意味でさすがの一言。

ただ少なくともドイツ有事法の解説はこの本だけだと不完全なので(各平時の法律が有事になるとどのような適用除外規定になっているのかといった解説がない)「防衛法研究」のバックナンバーをあわせて読むのがベストか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1915-1bfec5f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。