「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「マスターファイル ウォーカーマシンザブングル」

マスターファイルって劇中で出版された書籍という体裁で出るけど、本を書いて出版するという概念があまりなさそうなザブングル世界でどうやるんだ?と思ってたら本編から数百年後の文明がもっと復興した時代になってから書かれた本という大技使ってきたのに爆笑しました。

・カーゴ一家とビッグマンの名前は出てくるけどジロンの名前は出てこないっていうの、モキュメンタリー的に面白い。
多分当時のシビリアンには文字で書いて遺しておくっていう概念なさそうだったし、ジロンがどんなことをしたかは伝わってもそいつは何という名前なのかは忘れられちゃったんだろうな。

・まあそのわりにコトセットの名前は出てくるのはどうなのかと思いますが。普通にカーゴ一家のメカニック、でよかったんじゃないの?

・WMの操縦方法、そんなの具体的に説明しようとしてもおかしなことになるだけだろうからやめたほうが……と思ったら意外とまともな形になってよかった。
でも信地旋回・超信地旋回のやり方はシビリアンにそんな複雑な操作とっさにできるの?

・ウォーカーマシンの交戦距離は実際には100mくらいだったっていう記述あるけど、確かに本編で長距離射撃やってた記憶ないな。

・ザブングルタイプ、複雑過ぎる変形合体機構のおかげで後期ロットではそれオミットしたやつ作られちゃったっていうのに笑った。

・アイアンギアーの変形、途中で止まっちゃったらもうどうしようもないからコトセットはやりたがらなかったっていうの、言われてみるとその通りだよなあ。
あの状態で途中で停止したらもはや何もできん。

・さすがのイノセントでも100m超えのWMを通常WMと同じように駆動させる油圧機構作るのはとてつもない挑戦だった、ってこれもその通りだよね。
ただ変形ロボ作るだけならどうとでもできるだろうけど、(ややこしい部分はブラックボックス化されたコンピュータ制御に任せるとしても)シビリアンの技術レベルでもちゃんと整備できる油圧式のやつでそのサイズの変形ロボ作らなけりゃならんのだから。

・イノセントのシビリアンの文明・技術レベルコントロールがかなり細心の注意を払って行われていたことを示唆する記述が随所にあって面白い。

マスターファイルシリーズに外れなし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1913-086b4dfb