「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「魔術士オーフェンはぐれ旅 女神未来(下)」秋田禎信 その4

・ラチェットが自分を犠牲にヴァンパイアを引きつけようとしていると見えた時、それでもラチェのところに駆け寄ろうとヒヨに
羽交い締めにされて制止されてるシーン、本人の台詞は一言も無いけどサイアンがどんな奴でラチェをどう思ってるのか端的に現れてるよね。

・カーロッタ、殺人に忌避感ないのは「背約者」でサルア兄をああいう殺し方した挙句その死体を弟の部屋まで持っていった挙句その弟の前に放り込むあたりでかなり強調されてましたが、かといって短絡的な快楽殺人者でもないし、トゥエンティ的な虚無主義者でもないらしい。
しかしそうなるとこいつなんなんだというのがますます深まるなあ。4部でも最初に出てきた時はただ駆け引きがすんげえうまいだけの非大物としか思ってなかったのに、まさかこんなに面白くなるとは。

・オーフェンでさえ狙撃拳銃装備した警官は10人以上いたら捌き切れないのに、それを20人以上同時に始末したトゥエンティさんなんなん。

・コルゴンはなんとか生き延びたから「また肝心なところで負けてる最強だ」というギャグで済んだけど、あれで本当に死んでたらきっついどころの話ではない。
まあマキの呼び方が「父さん役」から「父さん」に進化してたんでマキ的にやっとコルゴンに人間らしさを感じたのかな、とか思うけど。

・呼び方で言えばベイジットのイシリーンへの呼び方がごく普通に「義姉」だったなあ。

・マジクおじさん、壁抜け擬似転移とか発動後の構成捻じ曲げとか確かにすごいのはすごいが、本当にこれいまいち有用性はないような……
他にやることなかったのか?魔術構成理論を考えてたと言えば聞こえはいいけど、要するに妄想をえんえん繰り広げてたらなんかそんなのを思いついたっていうのと同じやん。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1912-a3550a8c