「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ジョニー・ライデンの帰還 8」Ark-performance

最初にこの漫画読んだ時から思ってたけど、ゴップのキャラ付けが面白いんですよねえ。
地位と権限を悪用しまくってる俗物だけど、単純に世俗的な欲を満たすためだけにしか職権を使ってないのかといえばそうでもなくてむしろ本来の職務上の理想に対しても忠実っていう。
他に当てはまりそうな奴なかなかいない。オーフェン4部のクレイリーくらいか(逆に言うとクレイリーもあいつに似ている奴というとこの作品のゴップくらいしか思いつかない)

オクスナーに相対して

「今、私の愛娘が今戦場に赴こうとしているのでね。分前とはいえ父親になったからには、私も私の戦場で戦って見せねばならん」
「君の野望が私の理想に勝るのか……私の理想を超える世界を望むのなら、私は喜んで地位と名誉を提供しよう」「私を退けずして先はないぞ?」
「私も私の傀儡に成り下がるような男はもう間に合っている」

やばい何この政治的超大物(小並感
対するオクスナーも安直な破滅主義者のようで本質的には極めつけの理想主義者というのが面白い。

これにかぎらずArk漫画はGジェネに出てもっと知名度上がって欲しいけど、政治劇要素多すぎてGジェネには致命的に向いてないんだよなあ。
「暗殺計画」なんて最後の親衛隊vs首都防衛大隊の部分だけやってもしょうがないけど、でもGジェネ化しようとしたらそういうふうにしかなりようないし。
この作品のジャブロー強襲戦もミノフスキー粒子下で通信つかえねーしGアーマー爆撃型は脚短いから気をつけろよーとか足場緩いぞーとかそういう制約の中での戦闘だから面白いけど、Gジェネというゲームに落としこんだらごくふつうの戦闘マップになってしまいそうだ。
「あれ?今ビームの色違ったぞ、これは射手が複数いるのかそれともライフル持ち替えた?」とかGジェネで再現しようがないし。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1900-27b19fbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。