「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

TIGER&BUNNY THE RISING

・犯人とCEOの関係が伏線がなくて唐突なことだけは残念だったかも。
まあそういうカネにあかせた強引な吸収合併とかやりまくってきたんだろうなあっていうのが伝わってくる人物像だったからまだいいけど。

・あとCEOがエンディングで裁判を受けていた際明らかに取り乱して警備員に取り押さえられましたが、きちんと相応の罰と呼べるだけの判決を受けたということでいいのか。
このへんの悪人の処理をきちんとしないと結構後味悪いからな。

・折紙の犯人逮捕シーンが見られて軽く感動。確かに野次馬・観衆・人質に混じっての不意打ちは強力だろう。
でも折紙的にはこういうのはヒーローらしくないというあたり悩み多き男であるな。

・最後の戦いで逃げ出したと見せかけた時、絶対に今の折紙ならただ逃げたわけじゃない、必ず何がしかの策があっての一時離脱だと信じていたぞ俺は。

・今では特に悩みもないと断言するファイヤーエンブレムさんの過去。ゲイとして世間や両親から白眼視されていたことに悩んでいたのは今のあの人からすると意外ですが、考えてみれば普通にありそうな過去。

・しかし恐らく今ではもう割り切っていることであろうものをあそこまで強力にトラウマとして再現できるなら、バーナビーが食らってたら自殺するレベルのトラウマ再現になりそうだ……

・ファイヤーエンブレムを侮辱する爺さんに「あんなに女のように優しく、男のようにたくましい人はいない」と啖呵を切るドラゴンキッド。これだけでもだいぶスッキリしましたが本人復活で直接リベンジ果たして一層スッキリ。

・しかしあの爺さん強すぎねーか。

・今回一番うわ残酷……って思ったのはあの坊さんが抗議で念仏を唱えているのを無視して寺を解体するあのCEOのシーン。

・牛角さんはすき家さんに変わりましたがやはり見せ場なし……と思いきやスカイハイさんとの連携で人間砲弾かまして見事犯人確保。
途中ブルーローズの台詞パクったり折紙の見切れ芸パクったりして迷走してたのはこれで忘れる。

・楓ちゃん、髪が伸びて急に大人っぽくなったなあ。超かわいい。

・なんかライアンってラブコメ作品でテコ入れのために後付で投入される横恋慕キャラそのものだよなあ。
しかも最後は海外進出で後腐れなくフェードアウトしちゃうし。

・バニーは言葉にこそしなかったけど結構態度は露骨に虎徹と組みたいって主張してた感じ。ライアンの名前呼んだのも一度だけだし。

・今回一番嬉しかったのはbeginningノベライズで「正義感ではなく個人的な復讐のためにヒーローになった」と断言していたバーナビーが自分からすすんで孤児院を訪れて慈善活動していたシーン。
ああ、こいつもちゃんとヒーローになったんだなあ。
1部リーグ復帰でギャラにこだわってたのも慈善活動に投入するための資金集めだったというのもなかなか感動的。

・最後の犯人に対する「復讐を果たしてもあなたの大事なものは戻ってこない」っていうバーナビーの台詞、復讐を果たして親の墓の前で泣いたバーナビーが言うと重みが違うわ。
これが他のキャラだったらただの偽善と感じたと思う(某痛快娯楽復讐劇の信者なこともあって)。

・しかしバーナビーは今度こそ区切りをつけて心情的にもだいぶ落ち着いたのに相変わらず私室は何もなかったな。


とにかく面白い映画でした。
ただウロボロス関係は今回一切登場せずだったし、はよTVで2期来て。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1872-4e25a282