「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「民主党政権 失敗の検証」日本再建イニシアティブ

民主党政権3年3ヶ月の総括本。
やはりというか、全体的に厳しい記述が多いものの、ネットでありがちな「民主党=無能」という安易なイメージに頼ることなく、「民主党のどんな政策がどのように失敗し、それは誰のどんな言動が原因だったのか」という点をきっちり掘り下げた良著。

「政治主導」は参院対策とスキャンダル抑制のために民主党自らが後回しにせざるを得ず、また国家戦略室は人員不足で有効に機能せず。また相次ぐ政務三役の交代に政策の継続性が保てなくなり、よく言われるように与党・政府三役の経験のない民主党議員は過度な官僚敵視で政策を停滞させた側面もあり、これも失敗と言わざるを得ない。

子ども手当はなぜ所得制限をつけるべきではないのか?という点を評者は理解していなかったので「手当をもらっている人=貧しい家庭、というイメージを植え付けるし、もらっていない人は自分の税金が正当に使われていないと不満を抱き社会内対立を加速する」という説明は非常に端的で分かりやすかったが、それはそれとしてやはり財源をきちんと考えていなかったことは本書でも厳しく批判されている点。

外交・安保は当然鳩山政権による普天間問題の迷走と対米関係の悪化への言及は避けられないとして、それでも野田政権で東アジア海洋フォーラムの提案がなされたことを本書は民主党政権下の成果として述べている。

また選挙対策では小沢が従来蓄積してきたデータとノウハウが継承されなかったこと、確固たる支持基盤のない追い風で生まれた政権が基板堅めをすることができず、支持基盤を固めようとすればマニフェストから離れ、マニフェストを維持しようとすると支持基盤を破壊するというジレンマに悩まされたままそれを解決できずに支持基盤が貧弱なままであった点を指摘している。

またマニフェスト自体についても「厳守しようとすれば原理主義と言われ、修正しようとすれば公約違反を問われる」というジレンマに「どこまでマニフェストに具体的な数字を盛り込むべきか」は民主党議員の中でも明確な答えは見いだせていないし、評者もそれは難しい問題だと考える。

民主党と聞けば何かと安易なバッシングに流れがちで、実際アマゾンでこの本を注文した時も「他にこの本を買っている人が買った本」でなんともしょうもないネトウヨ向けの頭の悪そうな本が出てきて辟易したが、この本はきちんと実務的な問題を論じており非常に参考になる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1855-5b21562a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。