「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

シールドグラスに映る 昨日までの僕を振りほどき

・ドリフの再放送見てるけど何回見ても笑える。 
特に剣戟芝居撮影で斬られ役の志村けんがさんざん階段の転げ落ち方で「口でダダダダダーって言うだけで歩きながらゆっくり降りる」「ゆっくり寝転がりながら降りていく」とかでボケ倒した挙句最後逆に相手を斬っちゃってオチっていうのが好き。
あと剣道稽古で最初に座って一礼して打ち合うところを一礼した後すかさず竹刀でいかりやの頭ひっぱたく志村けんのネタ。

・ネットにいるとラノベってだけでとりあえず馬鹿の読むものwwwwとか言ってはしゃぎ回る人たちがいるわけで、一応ラノベを今でも読んでいる身としてはハーレムもエロ要素もなくても売れてる評価の高い作品(あるいはハーレム・エロ要素ありでもそれが人気の最大要因ではない作品)とかざっとオーフェン・フルメタ・シャナ・イリヤの空(これは俺は大嫌いだけど)・キノとかいくらでも……って古い作品ばっかだな、とここまで書いて、そういう安易なラノベdisには反発するけどじゃあ最近売れ筋のSAO&劣等生や禁書、俺妹を積極的に擁護したいかっていうとそうでもないという微妙なところに自分が立っているところに気がつく。フルメタ(というより賀東作品)だって嫌いってほどじゃないけど衒学趣味的な側面がちらちら見えて微妙に馴染めないんだし。
まあ実際、今期のラノベ原作アニメだと機巧少女とか見てると「最近のラノベっぽさ」というものは感じるし、それはあんまり好きではない。(好きではないだけで許せないとかこんなものを読む奴はアホとかそこまで感じてるわけじゃないけど、劣等生とSAO以外は)

というかそもそもそんな「最近のラノベ論」を語れるほど最近のラノベ読み漁ってるわけでもないという大事な事実をここまで書いてようやく思い出した。

ただハーレム言うても分かりやすく口語的な表現で感情を伝えようとする努力に熱心なはがないとか、一応体裁としてはハーレムだけど実はそのあたりはどうでもよくて本当はみんな作者の好きなパロディネタを言うための装置っていうニャル子、ハーレムだけど恋愛要素を抜いてヒロイン間抗争・正妻戦争をカットしヒロインとの関係性に独特の空気を作ったGJ部と、ハーレムはハーレムでそれ相応の工夫が凝らされてる作品は少なくないことにも注目されるべきだと思う。

現状ヌルいハーレムものとして進んできた俺修羅がこの先ホントにガチ修羅場として看板詐欺の汚名を返上できるのか(まあアニメが夏がマジ惚れしてガチ修羅場っぽくなってくる手前で終わったっていうのが原因な気もするけど)ということと、少なくとも実際変則的なラブコメなのは疑いない俺ガイルがどう終わるのか、ヒッキーとゆきのんとガハマさんの3人の関係はどういう決着がつくのか、ヒッキーは最終的にどういう心理状態に落ち着くのかは気になるところ。
……これでこの先ヒッキーが日和ったらちょっとどころじゃなく泣く。

余談だけど俺ガイルのレビュー見てると「この手の長文タイトルラノベにありがちな益体もないハーレム作品かと思ってたら違ってた」っていう感想がやたらと多い気がする。特にアニメからの新規視聴者。っていうか俺もその口だし。

話を戻すとその「最近のラノベ」にしたって俺が工夫のないハーレムっぽくて嫌って思ってる作品だってファンに言わせればそういう要素はあくまでおまけって扱いなんだし(特に禁書やSAOあたりのバトル要素が強い作品)、昔はファンタジーが主流だったのが今はラブコメが主流っていう程度の違いじゃねえのか?っていう長い文章書いてきた割に平凡極まる結論になってしまった……

・先日友人と日帰りで奥飛騨まで紅葉を見に行ったんですが、新穂高ロープウェイに乗るつもりだったのにそのロープウェイの時刻表調べておかなかった+前日無駄に夜更かしし過ぎて出発遅らせたおかげで眼前で最終便を逃すという大失態を演じるはめに。
「次からは念入りにリサーチしよう」ということを言い合いつつ日帰りで行くのは厳しい距離(片道5時間)なので来年リベンジで一泊二日の旅行へ行こう!で、旅館はどこにしようかということをネットで見ながら検索していたのですが、その友人というのが調理師免許持ちの和風料理店(チェーンだけど)出身者でして。
料理や風呂の写真を見ながらあれこれ見分するんですが、
「この写真は牛肉の脂身を全然美味そうに見せてない、素人の写真」「これアングルが悪い」「この焼き魚明らかにデジカメでそのまま撮っただけ、全然脂身が見えない」
とか俺には分からん点をズバズバ言っていくのに感心してしまった。いや中にはマジでこれ素人がただそのままデジカメ撮影しただけじゃねえかって俺にもわかるレベルの奴もありましたが。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1838-cf791019