「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説版「マクロスF」「ガンダムAGE」小太刀右京

かなり大胆な原作改変で話題になった(今では違う意味で話題になってて作品について語れる場がなくなってる状態だけど)通称ハッタリのノベライズ。

AGEにしろマクロスFにしろ俺はTV版にまったく思い入れがないのでどんな改変されても割りとオッケーだからいいですが、TV版に思い入れがある人はきついだろうなあこれ。

「そのキャラが持っている出自や背景だとどういう思考をするか」という意味でのリアリティに拘りすぎて原作のキャラ付け無視しちゃうことが結構ありますし。
典型例がFのアルトとAGEのユノア。

アルトはTV版だとほとんど忘れられた設定だった元歌舞伎役者っていうのを前面に押し出して、「役者だったことは捨てたつもりでいるけど骨の髄まで叩きこまれた役者根性が抜けない、苦悩する天才」という感じで1から10まで何から何まで役者だったことを思い出すキャラに。
ほとんど児童虐待同然と地の文でも述べられる過去エピソードの数々(三島由紀夫やシェイクスピアを3日で読破して満足な感想が言えるようになるまで蔵から出してもらえなかった幼少の頃など)等も結構面白いんですが、それは俺にとってTV版アルトは「量産型の無個性なハーレム主人公」にしか見えないからっていうのが大きいですし。

ユノアもAGEデバイスを受け継ぐのは当然兄のアセムであるということに疑問を抱かないフリットに反発して、父をバターナリズムの権化と呼んで毛嫌いし、その父に対して自己を確立した兄が好きというのは確かにユノアの立場に置かれたらそういう視点で見るのもありうるけどTV版とは全然違うキャラだし(まあTV版のユノアがどんなキャラだったか全然覚えてないけど)。

ゾラ人とのハーフで船団内においてどこの誰でもないマイノリティという意識を持つミシェル、バジュラ戦にかかる戦費やエネルギーがあればどれだけ福祉厚生政策が充実させられたか、と嘆くハワード大統領、時代錯誤の男尊女卑に首まで漬かって差別的な待遇を受け続けたナトーラとそういう「そのキャラだったら何が見えるか」ということには忠実でそういう面白さはあるけど、改変し過ぎと言われるとちょっと反論の余地がないかな。
政治経済や軍事の知識はしっかりあるし、Fノベライズで7やVF-X2のキャラが出てきたりAGEノベライズで歴代ガンダムオマージュネタをガンガン出したりとかそういう作品知識も豊富なので地雷クラスのハズレノベライズはない、というのは言えると思いますが。

まあとにかく●漏れの騒動さっさと沈静化しろ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1825-7f9d2a49
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。