「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

「少林寺三十六房」

で、本題。
まあ血糊や金属道具がものすごいチープでいかにも作り物然としてるのは時代だししょうがないとしても、もうちょっとカタルシスが欲しかったというか。
家族や友人が殺された→復讐だ!というのは作品の中できちんとやっておかないと主人公の動機があやふやになっちゃうから当然ですが、修行シーンがえらく長かった(劇中でも七年かかったって言ってますし)わりに痛快な無双劇がなかったというか。
もっと憎き悪徳将軍を手も足も出ず叩きのめしてボッコにするシーンが長くても良かったんじゃないかと。
DBのナメック星編で超サイヤ人に覚醒した悟空に手も足も出ずやられるフリーザみたいな感じで。

あといくらアクションがメインでそのあたりはおまけとは言っても、あれだけ僧侶が俗世にかかわるな!復讐厳禁!って釘刺されてたのに普通に役人ぶっ殺しておいてその後寺で自分の房を持ってるとかおいおいいいのかよと思う。
そのあたりは些事なんですが、些事とはいえあんまりいい加減すぎる処理されるとひっかかるというか。

ただアクションはすごかった。
BLACK RX並……って引き合いに出すものがあれですが。
キレッキレに鋭く動いてて非常に見栄えする。
山から降りて仲間を探すシーンで「お坊様、あんたすごいよ、弟子にしてください」という展開を確か3回繰り返しましたが、ここの時のバンピーをあしらうシーンとか修業の成果がよく出てた。
そういうシーンがもっと欲しかったなあ。タメが長かった割にいまいち爆発が弱いというか。

まあ長々とgdgd書きましたが、とにかくもうちょっと俺はこういう映画を見て見聞を広めるべきだと思いました、とまとめられるくらいには面白かったです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1799-2d2b5a88