「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュタインズ・ゲート

アニメを見終わった後原作をやってコンプリート。

・最初はややダルいんですが、タイムリープマシンが完成して萌郁たちが襲撃してくるあたりから一気に面白くなる。これは原作・アニメ共通。

・基本中二病キャラは受け付けないんですが、オカリンは許せる。
助手がドクペじゃなくて野菜ジュース買ってきたのを見て「どこの世界に野菜ジュース飲むマッドサイエンティストがいるか」とか、ノベライズで運動不足はいかん、一緒に走らないかと萌郁に誘われて「いや、俺は最近のムキムキマッチョで健康的なマッドサイエンティストは好きじゃない」とか劇場版で助手に白衣がよれよれになっていることを指摘されて「マッドサイエンティストというのはそういうものだ」とか、「マッドサイエンティスト」へのこだわりが半端じゃない。
表面的にそれっぽい言動をなぞっているだけの中二病キャラじゃないというか。
素は普通に好青年というのもありますが。
まゆりを助けるのが目的だけど可能な限りまゆり以外も助けたい人だし。
最後に紅莉栖を助けるかまゆりを助けるかという選択を迫られて「みんなの想いを犠牲にしてきてその結果がこれか」とやるせない怒りをあらわにするシーンとか好きです。

・あとオカリンかっこいい!で言えばクライマックスのサイリウムセイバーの血糊固まってるやべえ→じゃあ俺が刺されて流れるその血を使えばいい、っていうこれ。
原作だと出血量が足りないからと自分で傷口を抉って血を掻き出すというすごいことをやってるし。

・これだけやられるとオカリンハーレムでも許せるというか、むしろオカリンが体を張って自分で稼いだ好感度なんだからいいだろと思える。

・しかしタイムトラベルものではたいていトラベラーは誰にも相談できず一人で苦労するのに、説明さえすればどの世界線でも必ず信じてくれて協力してくれる助手の頼もしさは異常。

・アニメは萌郁周りを省略し過ぎであれではとても萌郁を許せない反面、助手を助けることに成功したオカリンが鈴羽に担がれて脱出するところで3週間前の自分を見て「ここから先は人生で最も辛く、大切な3週間だ、頑張れよ」とモノローグで声をかけるシーンとかいいオリジナルシーンとかもあるので複雑なところ。

・原作だと最後ブラウンは萌郁が生き延びるように仕向けていたり、「あなたの大切な人を殺したからその罰なんだ、ごめんなさい」と明確に詫びて死ぬのでわりと許せる。

・鈴羽ルートのオカリン声が死にすぎでこええ。

・一番へこんだのはルカ子ルートでまゆりが死んだ時、ダルに「なんでお前こんなときに平然としてんだよ!」と言われるシーン。
「失敗した」も凹みましたが。最後の「こんな人生は、無意味だった」が……
ノベライズでIBN5100を確保できた世界線の鈴羽が最後に死を前にして「あたしの人生は無意味じゃなかった」で溜飲下がったけど。
ていうかルカ子ルート後味悪すぎだろ、おい。

・トゥルー以外で一番マシなのはフェイリスルートかなあ。ラボはないしラボメンとも友達じゃないし紅莉栖とは会ってもいないけどまゆりも紅莉栖も死なないから。

・まゆりルートも微妙に後味悪いというかあの後素直にまゆりといちゃいちゃできる感じじゃないなあ。

・メールをこまめに返信しないとトゥルーに入れないのね。
でもフェイリスを抱きしめたオカリンを見て「うらやましすぎだろ」「私にはセクハラしかしないくせに!」なんてメール送ってくる助手超かわいい。

とりあえず本編終わったので次はだーりん行くかー。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1767-39e4f050
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。