「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

最近の漫画・ラノベ

・「ぷちます!」5(うっかり忘れてた)
実はアニマスに手を出してBD揃えた関係でこれにも手を出していました。
この手のゆるキャラスピンオフとしてはそこそこ原型残ってるのでわりと読めます。ストパン4コマはほとんど原型なかったなあ。
ただ貴音さんがつかめそうでつかめない感じの天然変人キャラだったのが記号的な変人キャラになってるのは気になりますが。

それはそれとしてこの漫画、地味にいろんなビジュアルのアイドルが見られるんですよね。
この巻だけでもツインテ美希、メガネやよい&春香、巫女千早、ウェイトレス千早&あずささん、ポニテ千早、三つ編み&ケープ響と多彩。これも密かな楽しみだったり。

・「そらのおとしもの 17」水無月すう
相変わらず気楽なキャッキャウフフ展開からストンと鬱展開に落とすのが得意だよなあこの漫画。
両親にガン無視される守形先輩はちょっとへこんだ。その後の兄貴の殴り込みで溜飲下がったけど。
まあこの漫画鬱展開やっても「読者が溜飲を下げる余地がない」というたぐいの展開はやらないことはありがたい。
ハーピー姉妹自爆には珍しくガタッさん衝撃を受けていましたが、正直ここでいつもみたいに平然としてたら色々やるせなかった。

・「魔術士オーフェン しゃべる無謀編5」秋田禎信
コルゴンとコミクロンの会話ってなんか誰俺就っぽくてすごい好き。
「この事態を収拾すべくまずはパニックを起こしてそれから落ち着こう」
「分かった。俺は恐慌を来している」
「うむ。見事なパニックぶりだ」
ってこいつらどこまで本気でやってるんだろう。

・「マクロス30」小太刀右京
煙草にむせるアルトが「くそっ、もっと大気を大事にしろ、移民船団の中で穴開けられてみろ」と毒づくシーンがいかにも宇宙船の住民、それも一時ヤバイくらいインフラがやられたフロンティア船団出身らしいなあと感じられて好き。
サラってここまで一から十まで持って回った話し方だったかな、と疑問がなくもないのですが差別化・元の設定を活かすという意味ではよくできてる。
輝vsシンはそういえばこいつらはフォッカーの弟子という共通点があるんだよなあというクロスオーバーものならではの熱さ。
イサムとガルドの気のない会話(その間20機以上の敵機を撃墜してるという)や歌姫たちの熾烈な戦い、そこに満を持して降りてくるバサラとクロスオーバーものの楽しみに溢れてて非常に面白い。
いまいち前面に出てこない美沙やミュンも活躍したのも嬉しいところ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1763-96d9de4b