「黒ワニとハーモニカ」別館 バンダイがマーズジャケットをプラモにしてくれるのを待つ日記

ロボットアニメをわりと好むヲタによるブログ。 たまに少しだけ防衛問題について喋ったりもします。 あとパワードレッド・ドレッドノートHのプラモ化と、コトブキヤが有澤の雷電をプラモにしてくれるのも待ってます。

更新できなかった理由としてびっくりするくらいリアルがうまくいってなかったというのもあるんですが(いや今もうまくいってるとはいえないけど)、それに関連してプラモも作ってなかったし、アニメ漫画ラノベも開拓が進んでなくてネタがなかったのも大きかった。という言い訳。さぼっててごめんなさい。

まあ流行の作品があわなかった、定期的に感想書けるものがなかったっていうのもかなり大きいですが……
そんなアンチ入った愚痴なので以下は追記枠に。
・境界線上のホライゾン
現代文明とは隔絶された遠い未来が舞台なのに厨2病ネタやらドラゴンボールパロやらの現代文明ネタがしょっちゅう出るので台無し感がすごい。
厚いというのもやれ誰はどんなエロゲーが好みで~というキャッチーなオタ向けネタをしつこくしつこく繰り返すのと、無駄に詳細でかえってわかりづらい戦闘描写の結果分厚くなっただけではっきり言って無駄に厚いだけなんですよね。
設定もたくさんあるけど、トーリの家の間取りの詳細とか武蔵の艦隊配列とか別にそれが作劇で生きているわけでもない無意味な設定ばっかりだし、その上↑のメタ視点ネタがやたら出まくるからいくらディティールを盛り込んでもリアリティ、その世界なりの現実がまったく感じられなくて「所詮作り事の世界」感がすごい。
キャラも口調と「姉萌え」とかその手の露骨な記号のみで分けられているだけだし。竜とかインキュバスとかスライムとか鬼とか色々いるんだけど悪い意味で平等で、別に竜固有の思考とかそういうのは全然なくて別に全員普通の人間という設定に変えても問題ないし……

・まどかマギカ
まずほむらがああもまどかに執着するほど1週目のこの二人にそんな深い交流があるようには見えなかったし一度うまく説明できなかったから信用してもらえなかっただけで「もう誰にも頼らない」は見切りつけるの早すぎだし、他人のために戦う決意をしたさやかのその決意が折れるの早すぎで、あと放送終了後しばらくして気がついたことですがまどかの最後の選択は「オーフェン」二部クライマックスでオーフェンとアザリーが全否定した選択そのものであるという、まあ最後のは個人的な事情ですが。

・ソードアートオンライン
1巻時点ではけっこう面白かったんだけど続いていくうちになんだこれ結局ハーレムかよっていう。
冷静に振り返ってみると「アスナと食事もしたことがないって書いたけど後のエピソードで食事してました」くらいの違いは許容できるけど、サチを生き返らせることができず、もうこうなったら最前線に特攻し続ける、それが俺にできることだと決意した後シリカといちゃいちゃしたりアスナにいい天気だからお前も昼寝していけよと言ったことになるわけで、さすがにこれはちょっと……
あと「ゲームであっても命がかかっている」と書かれている部分と「ところでこれゲームでHP0になったら本当に死ぬのかな?疑問」と書かれている部分とがあってどっちなんだと。

・アクセルワールド
学校でバカにされるいじめられっこの僕だけどゲームの才能はあってある日学校いちの美人に声をかけられて……って進研ゼミの漫画だってここまでひどくない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kurowani.blog6.fc2.com/tb.php/1726-8253e12f